文字サイズ

大谷、第2打席は中前打でメジャー通算100安打 154キロをライナーではじき返す

ツインズ戦の6回、中前適時打を放つエンゼルス・大谷=ミネアポリス(共同)
3枚

 「ツインズ-エンゼルス」(14日、ミネアポリス)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は「3番・指名打者」で出場。四回の第2打席で中前打を放ち、メジャー通算100安打とした。一回の打席は三ゴロだった。

 メジャー通算57勝右腕ギブソンと初対戦。初回の打席で三ゴロに倒れている大谷は四回の打席でやり返した。ツーボールからの3球目、外寄り154キロ直球をとらえると初速175キロのライナー性の打球がセンター前へ達した。メジャー通算397打席目で同100安打に到達した。

 初回2死走者なしの打席は三ゴロ。初球、外角高めの153キロ速球を三遊間へ鋭いゴロではじき返した。ツインズは内野陣全体が右へ寄るシフトを敷く。初速172キロの打球は二塁ベース寄りに位置する三塁ゴンザレスの左側へ飛んだが、同三塁手は足から滑りながら逆シングルで好捕。素早く立ち上がり、ノーステップで一塁へ送球した。大谷は一塁へ懸命に足を延ばしたが、わずかに届かなかった。

 大谷は前日13日の試合で復帰後6戦26打席目で初本塁打となる1号2ランを含む3打数2安打2四球。5打席で4度出塁した。打率・250ながら出塁率は・379まで上げていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス