文字サイズ

イチロー それは引退セレモニーのような光景だった【20日の試合VTR】

20日の試合で4回、交代を告げられベンチに下がるイチロー。相手チームの選手もスタンディングオベーションで見送る
3枚

 「アスレチックス-マリナーズ」【20日の試合から】

 「9番・右翼」で先発したマリナーズ・イチローは、四回の守備からベンチに退いた。イチローだけが右翼の守備に就き、ほかの選手は見守る。その直後、交代が告げられた。

 メジャー流のリスペクト。日本では見慣れない光景にざわめきが起こり、すぐに万雷の拍手が球場を包んだ。両軍ベンチの首脳陣、選手がスタンディングオベーションで拍手を送る。まるで引退セレモニーのような光景だった。ナイン、サービス監督とハグ。背番号「51」の表情が緩んだ。

 球場を後にする際、イチローは2打席で交代だと試合前に知っていた、と話した上で、チームメートのハグ(抱擁)についてこう反応した。

 「それは分からなかったですね。でも、あれ、日本のファンの人はねえ、どうなんだろう。アメリカではよくやるけど、ちょっと戸惑っただろうね」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス