文字サイズ

最年少でMLB入り、16歳の結城海斗投手がロイヤルズと契約

ロイヤルズと契約合意した結城海斗
2枚

 大リーグのロイヤルズが大阪府在住の結城海斗投手(16)とマイナー契約で合意したことが7日、明らかになった。同球団から8日に正式発表される。結城は今春中学を卒業した16歳の右腕で、MLB球団と契約した日本人選手では最年少となる。過去には2006年にブレーブスが16歳の元高校生と当時最年少でマイナー契約した例があるが、これは高校を中退して17歳を迎える年だった。

 結城は中学まで河南リトルシニア(硬式)に所属。昨夏、米国イリノイ州で行われた国際大会、MCYSA全米選手権に日本代表として出場し、右のエース格として登板した。中学3年の時点ですでに187センチの恵まれた体格を持ち、140キロ超の速球を武器に活躍。日本の強豪高校からも注目されていたが、進学せずにいきなり海を渡る決断を下した。

 NPBでは阪神が04年度ドラフト8巡目で当時15歳の辻本賢人投手(米国・マタデーハイスクール休学中)を指名し、ドラフト史上最年少で契約しているが、結城のように中学卒業後に高校、大学を経ず直接MLB球団入りするのは異例となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス