文字サイズ

大谷、2戦連続でトラウトと1、2番コンビ メジャー192勝右腕攻略なるか

 現地20日に予定している登板に備えてブルペンで調整する大谷(撮影・小林信行)
 ブルペンで投げ終えた後、投球フォームを確認する大谷(撮影・小林信行)
 現地20日に予定している登板に備えてブルペンで調整する大谷(撮影・小林信行)
3枚3枚

 「エンゼルス-アストロズ」(16日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)がアストロズ戦(日本時間17日午前10時37分開始)に「2番・指名打者」で出場することが発表された。前日に続いて大谷は2番に入り、主砲のトラウトとメジャー屈指の1、2番コンビを形成する。

 前日はこれまで1番を務めていたコザートが休養のためのトラウトと大谷の1、2番起用かと思われていたが、ソーシア監督はこの日も上位打線を動かさなかった。

 今季の大谷は打者として21試合(代打3試合)に出場し、チーム最高の打率・342、5本塁打、16打点。一方のトラウトは打率・306、チーム最多の12本塁打&25打点、出塁率はリーグ1位の・449。

 アストロズの先発は、サイ・ヤング賞1回、メジャー通算192勝のバーランダー。今季はここまで4勝2敗、防御率は両リーグ1位の1・21。

 エンゼルスのラインアップは以下のとおり。

1番・中堅 トラウト

2番・DH 大谷

3番・左翼 アップトン

4番・一塁 プホルス

5番・遊撃 シモンズ

6番・三塁 コザート

7番・二塁 キンズラー

8番・右翼 カルフーン

9番・捕手 マルドナド

投手 リチャーズ

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス