文字サイズ

メジャーGM会議主役は大谷!レンジヤーズGM、二刀流は「実現可能だ」

 メジャー挑戦を表明した日本ハム・大谷
1枚拡大

 米大リーグの球団幹部や代理人が集まるGM会議が13日(日本時間14日)、フロリダ州オーランドで始まった。話題の中心は今オフにポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を正式表明した日本ハム・大谷翔平投手(23)。会場は二刀流の実現に向けて、各球団のアピール合戦の場と化した。

 会場ホテルの中庭で行われた球団幹部への個別インタビュー。来季に向けてのチーム作りに関する質問から始まったやり取りはいつしか「OHTANI」が主役になっていた。あちらこちらで「二刀流」を意味する「TWO-WAY PLAYER」の言葉が飛び交った。

 過去2シーズン、日本ハムのキャンプ地としてアリゾナ州ピオリアの施設を提供しているパドレスのプレラーGMは「一般論」と前置きした上で、こう力説した。

 「われわれは常に選手が成功するために適した個々のプランを考えている。首脳陣がしっかりと選手をサポートしている」。日本ハムでプレー経験のあるグリーン監督の存在については「日本選手の考えを理解する上でとても役立つと思う。彼の経験はプラスになる」と自信をのぞかせた。

 5月に来日し、リハビリ中の大谷を視察しているレンジャーズのダニエルズGMは「とてもユニークなスキルだが、実現は可能だと思う」と二刀流に理解。マリナーズのディポトGMは「信じられないほどの才能を持った選手。他球団と同じように何度も彼を視察した。ここまで魅了する理由はある」と語った。

 いつしか二刀流継続を求める大谷へのアピール合戦の場と化した会場。大リーグ公式サイトは「オオタニ、GM会議のホットトピックに」との見出しで熱狂ぶりを伝えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス