文字サイズ

イチロー「視力0・4説」の真相は…

 優れた動体視力はイチローがもつ能力のひとつだ。それなしには4000本ものヒットを打てなかったかもしれない。

 ならば、実際の視力はどうか。世間で言われている“視力0・4説”。その真相を確かめるべく、イチローに聞いたことがある。

 「目はねえ、よくないんだよね」

 そう言って明かした視力は右1・0、左1・2。「日や体調によって違うんだけど、左に比べて右はよくない。ただ、野球は両目でやるんで両目で見ているものがすべてですから」。プライベートでかけるのはダテ眼鏡。「0・4がどっから来たのか知らない」と不思議がった。

 メジャーに来て2度、コンタクトレンズをつけてプレーした。1年目の01年と今年。どちらもオープン戦期間中。定期健診の後、医師に命じられた。

 「細かい字は見えるけど、野球にはなんにも反映されない。目を使おうとするから反応が遅れたりする」。自分のおでこをさしながら「たとえばピッチャーのここに書いてある文字を読む競技なら(コンタクトは)必要だけど、視力と野球の動きって、まったく関係ないことはこの春に体験した。目を使おうとすると体が緊張することを僕は知っている」。

 思い出した。不振のとき「ボールを見過ぎてしまっている」と話していたことを。

 オリックス時代、視力が0・8に下がったことがある。「あのはかり方って暗い部屋でパコッて光が当たってそれを読む。そもそもそんな状況で野球はしない」

 そして、イチローが出した結論はこれだ。

 「ホント、医者って厄介ですよね」‐。

関連ニュース

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング()

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス