文字サイズ

阪神梅田本店、建て替えのため4日間臨時休業

2021年10月に建て替え先行オープン予定の百貨店「阪神梅田本店」(大阪市北区)が、8月16日から19日まで、建て替え工事のために休業する。

2018年6月からI期棟として部分開業している同百貨店。既存のエリアも、2020年10月から9階を閉鎖、地下1階の食料品売場が一部工事中となっているなど、徐々にリニューアルを進めている段階で、10月にフロア層が11層(地下2階~9階)となる予定だ。

現時点では、7月8日に婦人靴売場にてかかとまで計測できる3D足型計測を全国で唯一常設導入した「パンプスラボ」がオープンし、婦人ファッションのフロアでは10月に1点ものなどが発見できる新売場「ITTENMONOマルシェ」が登場予定だ。今回の4日間の臨時休業直後は、売り場の変更はないものの、工事に向けての整備がおこなわれる。

同店が入居する「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」は2022年春に全体竣工を迎えオフィスゾーンとカンファレンスホール「梅田サウスホール」が開業予定。同ビルの開業にあわせて「阪急うめだ本店」が入居する梅田阪急ビルを「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」に改称し、近接する両ビルを「大阪梅田ツインタワーズ」と総称する予定。

(Lmaga.jp)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス