文字サイズ

POPの渋滞が起こる奈良のスーパー その実態とは?

日常の売り場では当たり前の風景であるPOP広告。奈良市の餅飯殿センター街にあるスーパー「フレッシュマーケットオーケスト」(以下オーケスト)ではその一風変わったPOP展開で地域の人々から注目を集めている。

普通じゃない!? オーケストのPOP

スーパーのPOPといえば「店長オススメの●●」や「広告の品」「大特価●●●円」など、いかにお得かをアピールすることがほとんどだが、オーケストは一味違う。スタッフの顔写真とともに、「~マ●ドナ●ドの味ですよ(笑)」「野菜ギラい達よコイツを頼れ!」「ほれてまうやろ!」など、店員の熱い想いが前面に噴出。個性派POPで有名な書店「ヴィレッジヴァンガード」を思わせるコーナー作りで店内を賑やかせている。

従業員の熱い思いがPOPの大渋滞に

なかには3D的に飛び出すものや、ひとつの商品に継ぎ足しコメントで分厚くなっていたり、お客様に聞いてほしい商品愛が溢れすぎて、商品より目立っているものも。「いつもなら買わないのに、これを読んで興味を持った」、「POPが楽しくてついつい長居しちゃいます」と、地元のお客さんはオーケストに対して、地域のスーパー以上の親近感を感じている。

店内至るところで「エアー接客」

POP作りは、必ず実食してから寄り添ってがモットー。「POPはお客さまに商品を手に取ってもらうためのツールです。お客さんの近くで常に接客ができるわけでもないので、スタッフに変わってPOPが『エアー接客』をしてくれています」と、店長の森澤さん。お客さまとのコミュニケーションをとるのか考えて形にしたのがPOPであった。

スーパー越えの存在感

ふと売り場に目をやると、小学生がイラスト入りで解説するPOPもある。これは、近所の椿井小学校の児童が社会見学に訪れた際に描いたものだ。児童の成長を見守る地元住人とスーパーとの理想的な「地域密着」のステキな関係。現在、過去に社会見学で来ていた児童が高校生になって、このスーパーでアルバイトスタッフとして働いているという。そんなスーパーが地元で愛されないはずがない。

(Lmaga.jp)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス