文字サイズ

京都・嵐山の絶景を眺める、高級ホテル開業

京都・嵐山にラグジュアリーホテル「MUNI KYOTO」(京都市右京区)が8月1日に開業。絶景を最大限に楽しめる空間を生みだしている。

渡月橋を目の前に、大堰川と並行して立つ同ホテルは「唯一無二の景色」がコンセプト。玄関は個人の別荘を彷彿とさせるミニマルな設計にするなど、風光明媚な嵐山の景観に調和。2階の客室からは嵐山の絶景が望めるほか、1階の客室では、川の流れを模した清涼感あふれる水庭を眺めることができる。

客室は全て48平米以上のゆったりとした造り。高級ホテル御用達のシモンズ製ベッドや、眺望を邪魔しない控えめな間接照明、天然木材をふんだんに使用した温もりと開放感を演出する空間設計など、くつろぎを徹底的に追求している。

加えて、家具はイタリアの高級ブランド「ビーアンドビー」で統一。壁はイタリアの漆喰「スタッコ・アンティコ」を、もう一方の壁には日本の漆喰を施すなど、ホテルオーナーのさりげないこだわりが細部にまで光る。

そしてフランス料理界の巨匠、アラン・デュカスが設立したデュカス・パリによるレストランが2つのレストランを展開。コンテンポラリーフレンチをいただける「MUNI ALAIN DUCASSE」と、桂川の景観を眺めながら朝食、ランチ、ティータイムを過ごせる「MUNI LA TERRASSE」。さらに、焼き菓子をテイクアウトできるショップも併設し、フランスの伝統的なスイーツを販売する。

総支配人の石川眞大さんは「嵐山ならではの時間と空間、私たちがお客さまへおもてなしする心を体感いただきたい」と意気込みを語った。客室はツインとダブルの各種とメゾネットを備える全21室、宿泊料金は1室1泊11万円~(サービス料込み、税別。シーズンによって価格変更あり)。

取材・文・写真/中河桃子

(Lmaga.jp)

関連ニュース

デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    関西最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス