文字サイズ

虹プロ「NiziU」の縄跳びダンス、リアル縄で挑戦する人が続出

日韓共同ガールズグループプロジェクト『NiziProject』(通称:虹プロ)から誕生した9人組グローバルガールズグループ・NiziU(ニジュウ)が30日、プレデビュー曲『Make you happy』を配信。そのサビで披露している「縄跳びダンス」を、リアルな縄跳びを使って踊る試みが広がっている。

2019年5月にスタートした『虹プロ』は、2PMやTWICEの生みの親で知られる世界的プロデューサー・J.Y. Park氏が総指揮を執り、虹のようにメンバーそれぞれの個性がさまざまな色を放つようなガールズグループを発掘・育成、世に輩出することを目的としたグローバル・オーディション。

応募総数1万231人、最終候補者12人のなかから選ばれた9人がNiziUとして26日にデビュー。楽曲『Make you happy』で、メンバーも「真似してみてね」と呼びかけているのが縄跳びをしているかのように手を回しながらおこなう「縄跳びダンス」。配信開始後すぐに「かわいい!」「真似したい」と話題を呼んだ。

そこで、2本の縄を使ったストリートスポーツ「ダブルダッチ」好きのためのメディア『ダブルダッチマン』が、「コロナ禍で憂鬱な時期だからこそ、ダブルダッチシーンからひとつの楽しいムーブメントを起こしませんか?」と、リアルに縄跳びをしながらダンスを踊る企画を考案。

その呼びかけに賛同した全国の「ダブルダッチ」プレイヤーや、縄跳び好き、そして「NiziU」ファンなど、8歳~34歳・総勢57人が参加し、リモートで制作された動画が30日、YouTubeで公開された。

企画発案者で、普段広告会社勤務をしながらその運営に携わる巡佑太さんは、「1年間に及ぶNiziProjectのなかで努力する彼女たちの姿に元気をもらっていました。ダブルダッチャーとして、虹プロ・NiziUファンとして、恩返しの気持ちを込めてプレデビューを応援したい」と、この企画を考えたという。

動画では、子どもから大人まで幅広い層が曲に合わせて縄跳びを楽しむ様子が見られる。巡さんは、「サビの縄跳びダンスは誰でも楽しむことができるような真似しやすい振り付け。ぜひお友達と、縄跳びをしながらでも縄なしでも、いろんな形で楽しんでみてください。『#リアル縄跳びダンス』のハッシュタグをつけて一緒に盛り上げましょう!」と呼びかけている。

取材・文/小田切萌

(Lmaga.jp)

関連ニュース

デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    関西最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス