文字サイズ

麒麟・川島の絵本「うつむきくん」、コラボでパワーアップ

大阪・なんばの「LAUGH & PEACE ART GALLERY」(大阪市中央区)で、漫才コンビの麒麟と現代女性の心を表現するアーティストsilsilによるコラボレーション展『LAUGH & PEACE ART GALLERY 1st Anniversary 麒麟 × silsil Art Exhibition』が始まった。

麒麟・川島は、自作の絵本『うつむきくん』の原画を10点展示。そのうちの4作品をsilsilが模写し、展示されている。

『うつむきくん』について、「『ゼッケンの位置が人よりちょっと高い』とか、『もらったスプーンが短かった』とか、日常に起こるちょっとした悲哀がゆるいタッチで描かれている」と分析したsilsil。「でも心のなかはホンマはどうなんやろう、本当は荒んでいるのではないかと、その気持ちを飛沫を使って表現しました」と自身の作品を説明した。

一方で、「実は『うつむきくん』は筆で描いた」と明かした川島。silsilは、「それだけに模写も難しかった。ちょっと表情が変わると、まったく違うものになるので」と、オリジナル作の制作にはない苦労も語った。

川島は、「『うつむきくん』を描いたのは5年前。こういうコラボはありませんでしたが、silsilさんの手によってすごくパワーアップしていてうれしい」と、新たな『うつむきくん』の誕生を喜んだ。会期中は、silsilのオリジナル作品をはじめ、相方・田村の作品も展示している。同企画展は、2月9日まで(入場無料)。

取材・文・写真/岩本

(Lmaga.jp)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス