文字サイズ

神戸・しあわせの村に新レジャー施設がオープン、木育できる遊具も初登場

 設置型の新遊具「マチモリ」
1枚拡大

兵庫県にある福祉ゾーン「しあわせの村」(神戸市北区)内に、新しいレジャー施設「BOUKEN Adventure Park 神戸しあわせの村」が12月21日にオープンする。

施設には、木から木へと渡り歩くアクティビティなどが体験できる遊具「マチモリ」が登場。木々に張られたワイヤーを滑車で滑り降りる「ジップライン」や「ネットウォーク」、コンテナハウスの屋上を渡り歩く「ルーフトップアドベンチャー」などが楽しめる。

さらに、コンテナハウス1階にあるキッズルームには、木をテーマにしたおもちゃや絵本などが揃い、子ども達は遊びながら自然と木に触れあう教育「木育」が期待できるという。

利用料金は、「ルーフトップアドベンチャー」が1周500円~(5歳、身長110cm以上から体験可能)。「キッズルーム」が300円(1時間)。料金にはハーネス、ヘルメット、保険料が含まれる。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス