文字サイズ

三代目JSB・今市隆二、AKIRAから初演技褒められ大照れ

『その瞬間、僕は泣きたくなった』の舞台挨拶に登壇した今市隆二(9日・大阪市内)
1枚拡大

LDHの短編映画プロジェクト『CINEMA FIGHTERS』の第3弾『その瞬間、僕は泣きたくなった』の舞台あいさつが9日、大阪市内でおこなわれ、三代目J SOUL BROTHERSの今市隆二と小林直己が登壇した。

EXILE HIRO、別所哲也、作詞家・小竹正人による同プロジェクトの第3弾のなかで、今市は松永大司監督による短編『On The Way』に出演。本作で俳優デビューを果たした今市は、「クランクイン前に監督と2回食事をさせていただいて、僕の学生時代や三代目に入るまでの経緯などプライベートな話をして。監督もまっさらな感じでいろんなことを話してくださって、そこで信頼関係を作れたのがすごく大きかった」とコメント。

続けて、「初めての演技ということで右も左もわからない状態だったので、やっぱりそこに信頼関係がないと自分もどうしたらいいかわからなくなっていたと思う。だけど松永監督がいてくれたからこそ『この人について行こう』と思えたので、ブレずにつとめさせてもらいました」と、手応えを話した。

この日の舞台あいさつは東京・大阪で同時開催され、その模様は中継で繋がっていたことから、今市らは東京会場のEXILE AKIRAや佐野玲於、佐藤大樹とも会話をしながら進行。AKIRAが「早く今市の作品を観たいなと思ってます。僕は観たんですけど、お客さんの声を代弁しました(笑)。今市が普段泣くことってないですから。作品のなかで泣いてます、演技してます。ぜひ今市の作品は全国のみなさんに観ていただきたい」と熱く伝えると、今市は「ありがとうございます」と大照れしていた。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス