文字サイズ

かわいすぎる! 英国ロンドンのカフェが日本に初登場

 日本に期間限定で初登場したイギリスのティールーム「セイント・エイムズ」。写真はピンク色の「ティプチーノ」
1枚拡大

英国のロンドンでかわいすぎるカフェとして評判のティールーム「セイント・エイムズ」が、「阪急うめだ本店」(大阪市北区)の催事『英国フェア2019』に10月9日から登場。女性を中心に長蛇の列となった。

窓や壁一面に淡いグラデーションの花々がディスプレーされた同カフェは、1年半前にロンドンで有名な公園「ハイドパーク」北側にオープン。インテリアやカフェメニューがSNS映えすると瞬く間に拡散され、国内外から観光客が訪れるほど人気となっている。

姉妹でメニューや店舗デザインを手掛けるロリス・ウィルソンさんは「人生のどんな瞬間も、ビューティフルなひと時を味わってほしい。家にいるよりもわざわざ出掛けたくなるカフェを考えました」と、お花だらけのカフェを考案した理由を語ってくれた。

現地を再現するために花々で飾られたティースペースで提供されるのは、「クリームティーセット」(1701円)。カプチーノを紅茶版にアレンジしたピンク色のローズティーの「ティプチーノ」に、スコーン、クロテッドクリームやイチゴなどがセットになっている。

初日、待ち時間に仲良くなったという2人の女性は「毎年、ティールームを目当てに訪れています。現地でしかいただけない味がいただけるのがうれしい。ピンク色のティプチーノがかわいいですね」と話し、その後もイギリスの情報交換を楽しんでいた。期間は10月15日まで。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス