文字サイズ

高槻阪急オープンに1500人が行列、地元密着型百貨店を目指す

9月30日に閉店した「西武高槻店」が、10月5日に「高槻阪急」(大阪府高槻市)として新たにスタート。高槻市長とマスコットキャラクター・はにたんもお祝いにかけつけた。

10時開店をめがけて行列したのは約1500人。先頭に並んだ60代の女性は、「朝8時に来ました」と話した。また、列に並んでいた高槻市内の母娘は、「アカチャンホンポ(5階)に直行します」と開店を待ちかねていたという。店内にはこのほか、5階に「紀伊國屋書店」、4階に「ユニクロ」「ABCマート」、3階に「ロフト」「タワーレコード」、地下に「無印良品」など、人気の専門店が入る。

オープニングセレモニーでは、関西大学応援団吹奏楽部がファンファーレを演奏し、テープカットがおこなわれた。同店の高橋幸彦店長は「毎日が豊かになるようなモノ・コトを発信し、みなさまの暮らしに彩りを添える百貨店でありたい」と地元密着型のサービスを強調した。

地下食品売場では、「たかつきご当地味めぐり」コーナーが特設され、高槻市内をはじめ北摂の名店29店が出店、8日まで開催される。全国の老舗の和菓子や昔懐かしいおやつをセレクトした「銘菓銘品 日本の味」にも行列ができた。多くの人が買い物カゴに入れていたのは、京都・宇治の老舗茶舗「中村藤吉本店」の生茶ゼリイ。高槻市内から来た主婦の女性は「梅田に行かなくても買えるね」と笑顔で3個を手に取っていた。営業は10時から20時(6階レストラン街は11時~22時、地階は9時~22時)。

(Lmaga.jp)

関連ニュース

デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    関西最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス