文字サイズ

神戸発の「山・海のエクレア」、大阪・阿倍野に2号店オープン

神戸本店でも人気の商品、波打つ生クリームののった「海のエクレア」、木の実がトッピングされた「山のエクレア」
1枚拡大

2019年4月、神戸にオープンした洋菓子店「BISPOCKE(ビスポッケ)」。その2号店が5月24日、百貨店「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市阿倍野区)地下の洋菓子売り場に出店する。

「山のエクレア」「海のエクレア」と、山と海に囲まれた神戸らしい名前のスイーツで話題となった同店。オープンから約1カ月にもかかわらず、SNS上では「山」「海」のエクレアをそれぞれ購入して、食べ比べを楽しんでいる投稿が数多く見られ、話題となっている。

その人気メニューは大阪の新店にももちろん登場。砂糖なしの生クリームを波打つようにしぼり、ミルク本来の味わいが楽しめる「海のエクレア」(3個入り・1296円)、卵の風味を活かしたカスタードクリームに加え、木の実をトッピングした「山のエクレア」(3個入り・1134円)などが販売される。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス