文字サイズ

左膝重傷の森田まりこ、リハビリに勤しむ「筋肉つけてリベンジリンボー」

 会見に登壇したMCの西川忠志、森田まりこ、酒井藍、清水けんじ、小寺真理(左から、15日・大阪市内)
1枚拡大

吉本新喜劇座員・森田まりこがが15日、「なんばグランド花月」(大阪市中央区)でおこなわれた『女子会キャンペーン』概要会見に登場。2018年末に負傷した「左膝前十字靱帯断裂」「左膝内外側半月板損傷」について語った。

森田は、12月2日におこなわれた「なんばグランド花月」夜公演に出演中、ダンスの着地をした際に左足を負傷。MRI検査の結果、 「左膝前十字靱帯断裂」「左膝内外側半月板損傷」という診断を受け、当面の仕事を自粛していた。

会見後、報道陣の問いかけに応じた森田は、「順調に回復に向かってますが、舞台復帰は未定です」と語りつつも、現在はリハビリを続けながら、ジムでも筋トレをおこなっている現状について説明。「一応スタスタと歩けるようになりましたけど、(持ちギャグの)リンボーはもうちょっとかかります(笑)。早く筋肉をつけて、リベンジリンボーします」と、完全復帰まであと少しと語った。

この日の『女子会キャンペーン』(5月7日~7月23日)会見には、新喜劇座長の酒井藍、清水けんじ、小寺真理も登壇。女性2名以上で当日券がひとり1000円引きになるNGKのチケット割り引きや、毎公演で先着20人にトートバックがもらえる企画についてアピールした。詳細は公式サイトにて。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス