文字サイズ

大ヒットのローソン「悪魔」シリーズに、四川風担々麺味が登場

 「悪魔のおにぎり(四川風担々麺味)」(140円)
1枚拡大

2018年10月に「ローソン」で販売開始されてから「やみつきになる!」とSNSで話題になり、累計販売数約2900万個を記録している「悪魔のおにぎり」。新フレーバーとして四川風担々麺味が4月16日から発売される。

「悪魔のおにぎり(四川風担々麺味)」(140円)は、唐辛子・辛味噌・練りごま・花椒・ラー油で味付けをした肉味噌を、唐辛子を混ぜ込んだごはんで包み、刺激的な辛さがやみつきになる商品に。また、看板商品「悪魔のおにぎり」(110円)も今回リニューアルされ、白だしで炊いたごはんに天かす・天つゆ・ごま油などを混ぜ合わせ、今回からあおさとかつお節が加えられた。

そのほか、和風ベースの青のりと揚げ玉入りスープで、お好みのおにぎりを入れると「悪魔のぞうすい」として楽しめる「永谷園 カップ悪魔のぞうすいの素」(108円)や、「悪魔のおにぎり」の味をイメージしたポテトチップスやせんべい、おかき(すべて129円)など菓子3品が、同じく16日から発売される。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス