文字サイズ

地元の特産品「いちごフェア」が奈良・明日香村で

「Cafe ことだま」のあすかルビーのプレミアムパッピンス(左)とあすかルビーのパフェ(各1200円)
1枚拡大

いちごの生産量が関西で1番多い奈良県。その奈良の明日香村にある飲食店9店舗で、地元のいちごをたっぷり使用したスイーツやランチを味わうイベント『いちごの村「明日香村」STRAWBERRY FAIR』が、22日まで開催されている。

今回のフェアでは、奈良県を代表する2つのブランドいちごを贅沢に使用。糖度が高く宝石のルビーのような赤い光沢が特徴の「あすかルビー」や、2011年にデビューし濃厚な甘さが特徴の「古都華(ことか)」を堪能するメニューが登場する。

メニューはすべて各店舗のオリジナルで、パフェやケーキなどスイーツのほか、セミドライいちごとチーズクリームソースを使ったスパゲティといったフードもラインアップ。22日まで、今が旬のいちごをさまざまアレンジでいただける。

参加店:レストラン あすか野、今西誠進堂 明日香店、お菓子工房 南の風、Cafe ことだま、珈琲さんぽ、珈琲の館 御園、自然な暮らしcommu+cafeコリコック、すこ。、レストラン ポカフレール


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス