文字サイズ

ピザやタコスとペアリング、大阪・難波にロゼ専門店が登場

 30種以上のロゼワインが揃う専門店「BAR LIT」が、難波に2月9日オープン
1枚拡大

大阪・難波に、常時30~50種類を取り揃える全国でも珍しいロゼワイン専門店「BAR LIT(バー リット)」(大阪市中央区)が2月9日にオープンした。

軽い口当たりから、海外では昼飲みのワインとして人気のロゼワインだが、「日本ではまだ、飲み比べできるほどロゼワインの種類を揃えている場所は少ない」(担当者)というのが現状。「このお店が自分好みのロゼワインを探せる場所になれたら」と、専門店のオープンに至ったという。

同店ではスペイン、フランス、アルゼンチン、チリなど、世界中から集めたロゼワインが30種以上揃い、軽やかな飲み口の入門編的なものから、シリアルナンバー入りのフランス産限定品「キュヴェ・スペシャル・RJロゼ」などマニア垂涎のレアものまでがスタンバイ(売り切れ次第終了の場合あり)。

同店は、大阪・難波に誕生したアメリカンフードホール「FOOD HALL BLAST!」内に、カウンタースタイルでオープン。施設内で販売されるピザやタコスなど、ロゼワインとの好相性を楽しむ昨今のトレンド「ペアリング」も楽しめる。価格はグラス500円から。ボトル3000円前後。営業は11時~22時半(LO)。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス