文字サイズ

松竹新喜劇の藤山扇治郎、妻・北翔海莉へのプロポーズ

「一生結婚しないと思ってました」とのろける藤山扇治郎
1枚拡大

先日、元宝塚歌劇団トップスター・北翔海莉との入籍を発表した松竹新喜劇の藤山扇治郎。大阪で6日におこなわれた自身のトークショーで、2人の馴れ初めを語った。

今年5月に東京・大阪で上演された舞台『蘭 ~緒方洪庵 浪華の事件帳~』で共演した2人。「2月に会見があり、4月が稽古。先輩ですし、いろいろと教えてもらってるうちに素晴らしいなと、尊敬の念から愛の念に変わっていきまして・・・」と恋心が芽生えたという。

藤山の祖父は、浪花の喜劇王と呼ばれた故・藤山寛美さん。北翔は、松竹新喜劇の熱心なファンだったこともあり、「マニアックなセリフも知っていて焦りました。とどめに、『松竹新喜劇というのは、世のなかの間違ったことを正していくお芝居ですよね。だから扇治郎さんがんばってくださいね』と言われ、あ、素晴らしい方だな」とお互い意気投合したという。

そうして公演終了後、「公演が終わって、もうなかなか会う機会が少ない。そしたら伝えないと、と6月3日に『結婚を前提にお付き合いを』」と、いきなりプロポーズ。「びっくりされてたと思うんですけどね、よろしくお願いいたしますって」と北翔も即答でプロポーズを受けたことを明かした。

今ではお互いを「扇治郎さん」「みっちゃん」と呼び合うといい、「元々不マメな人間ですが、電話を毎日するほど連絡にマメになりました。電話が楽しくなった」とのろけて見せた。2人が共演した舞台は来夏全国を巡回。扇治郎は新年早々、京都「南座」でおこなわれる『松竹新喜劇 新春お年玉公演』にも出演する。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス