文字サイズ

おかけんた京都国際映画祭で「アートの種をたくさん蒔く」

アート好きが高じて、同映画祭では初回からアートプランナーを担う漫才コンビ「おかけんた・ゆうた」のおかけんた(11日・西本願寺)
1枚拡大

第5回目となる『京都国際映画祭2018』のオープニングセレモニーが、10月11日に「西本願寺」(京都市下京区)で開催。「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに掲げる同祭典で、アートプランナーを務めた芸人・おかけんたらが挨拶をおこなった。

今回のアートイベントのテーマは「夢あるなぁ」。セレモニー前におこなわれた会見で、「高校生に『アーティストになって、どうするんですか?』と質問され、私が答えられなかったことがある。どう有名になっていくのか道筋がわからない、夢を描くことが出来ないと・・・。その答えとして、みんなで共有することをひとつの夢として企画しました」と説明した。

会場は京都の広い範囲に点在しており、北は「岩倉図書館」(京都市左京区)から南は「京都競馬場」(京都市伏見区)まで。「アート・工芸・写真・インスタレーションなどに触れるきっかけになればいいなと。種をぎょうさん蒔けば、たくさんの人に来てもらえますから」と、本イベントを足がかりに若者がアートに触れる機会を増やしたいと話した。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス