文字サイズ

豪雨の影響から通行再開する六甲山、車利用に金券進呈

1枚拡大

7月に発生した西日本豪雨の影響で通行止めになっていた六甲山へのアクセス道路「表六甲ドライブウェイ」と「西六甲ドライブウェイ」が8月10日から通行再開。それに合わせて、六甲山上の4施設が11日・12日にキャンペーンをおこなう。

参加するのは、「六甲ガーデンテラス」「六甲山カンツリーハウス」「六甲高山植物園」「六甲オルゴールミュージアム」の4施設(いずれも神戸市灘区)。キャンペーンでは、車での来場者に各施設の物販店舗で使用できるの金券500円分が先着でプレゼントされる(各施設各日50台)。

開催は朝10時から(カンツリーハウスは朝8時半から、ガーデンテラスは11日・朝9時半、12日・朝9時から)。企画した「六甲山観光」(本社:神戸市)は、「通行止めにより、お客さまの足が遠のいていた六甲山ですが、お盆を前にアクセスも回復し、山上のレジャー施設も元気に営業をしております。猛暑の続くなか、夕刻には涼しさも感じられる六甲山に多くの方に戻ってきていただければ」とコメントした。

なお、アクセス道路は「表六甲~」が10日・朝10時から、「西六甲~」が同日夕方5時から通行可能。各施設では、『真夏の雪まつり』や夕涼みイベントなど、夏休み期間は夏を涼しく乗り切るイベントがおこなわれている。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス