文字サイズ

三田のエスコヤマとセントレジス大阪 アフタヌーンティーでコラボ

1枚拡大

ショコラティエとしても世界的にも有名な小山進シェフによる人気パティスリー「パティシエ エス コヤマ」(兵庫県三田市)が、高級ホテル「セント レジス ホテル 大阪」(大阪市中央区)とコラボ。7月1日から期間限定で、アフタヌーンティーを同ホテルのバーで提供する。

「小山ロール」「小山ぷりん」などの人気スイーツを次々と生みだし、三田市の店舗は、遠方からはるばる訪れるスイーツ好きで行列ができるほど。パティスリー、べーカリー、ショコラトリー、カフェなどを展開し、子どもしか入店できないおやつの店、デコレーションケーキ専門店など革新的なアイデアを実現している。

今回のコラボ『es koyama×ST.REGISアフタヌーンティー』では、「都会で自然を」をテーマに、同ホテルの伊藤慎二ペストリーシェフとともに、オリジナルメニューを考案。三田牛のミニバーガー、三田や近郊で採れた旬のフルーツや野菜を活かし、スコーンには小山シェフのコンフィチュールが添えられる。期間は9月30日まで、昼12時から午後5時半までの間で2時間半制となる。料金は5000円(税サ別)。ファンが多いシェフだけに、早々の予約が必要になりそうだ。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス