文字サイズ

のん、アコギで熱唱「大阪さぁいこ~!」

1枚拡大

昨年8月に自身のレーベル「KAIWA(RE)CORD」を設立し、音楽活動をはじめた女優・のん。そんな彼女のインストアイベントが14日、大阪の「HMV&BOOKS SHINSAIBASHI」(大阪市中央区)でおこなわれた。

この日は、1stアルバム『スーパーヒーローズ』と主催フェスDVD『のん、KAIWAフェス Vol.1~音楽があれば会話が出来る!~』の同時リリース(5月9日)を記念したイベントで、ファンから温かい拍手と声援で迎えられたのんは「今日は来ることができてうれしいです!」とあいさつ。

主催フェスの映像をスクリーンで観ながら解説することとなり、「『おれ、のん!』って言ったのは、ロックだからオラオラ系でやろうと思って」「MCはカンペを置いてたんですけど、見る暇なんてなかった」「サンボマスターさんとか銀杏BOYZさん、堀込さんのライブの後だったので、のんが持ってかなきゃ!って思ってました」など、恥ずかしがりながらも当時を振り返った。

途中、集まったファンからの質問に答える場面も。「どうしたらのんさんのように、子どもの気持ちを持ったままでいられますか?」との問いには、「やりたいことだけやる。楽しいことばっかりやってますね。それにあたってちょっとめんどくさいこともあるんですけど(笑)。けど、それより楽しいのほうが勝ってるので」と、充実ぶりを明かし、この日誕生日だというファンに向けてハッピーバースデーを歌ったり、抽選会をおこなったりと、ファンとのコミュニケーションを楽しんだ。

その後、自身のバンド「のんシガレッツ」のギタリスト・ヒグチケイとともにアコースティックライブを披露。アルバムにも収録されているナンバー『わたしはベイベー』(作詞作曲・矢野顕子)や、RCサクセション『I LIKE YOU』のカバーを、心をこめて歌い上げた。ラスト、『さぁいこう』(作詞作曲・真島昌利)では途中歌詞を忘れて照れ笑いする場面もあり、ファンから自然と手拍子が起こると、歌詞に掛けて「大阪、さぁいこ~!」と力強く熱唱。終始温かい雰囲気のイベントとなった。

「HMV&BOOKS SHINSAIBASHI」では、5月23日までのんの写真展『SEVEN WONDERS OF NON展』が開催されている。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス