文字サイズ

大阪「阪急三番街」地下2階に1000席のフードホール誕生

1枚拡大

昨年9月よりリニューアル工事がおこなわれていた、商業施設「阪急三番街」の北館地下2階。いよいよ3月28日、セルフサービスの新しい飲食エリア「UMEDA FOOD HALL」が誕生する。

今回のリニューアルでは、梅田に訪れるさまざまな客層のニーズに応えるため、「バル」「スタミナフード」「スイーツ」など5つのゾーンが設けられ、テーマに合った全18店舗がオープン。ワインと相性抜群の煮込み料理をメインとする創作フレンチ「ラグー」や、写真映えしそうな見た目のお寿司「大阪梅田 花火寿司」など、全国&関西初出店がずらり。

フードホール自体が夜23時までオープンしていることもあり、クロワッサンが有名なベーカリーカフェ「アンドコーヒーメゾンカイザー」や、夙川の有名パンケーキ店が手掛けるクレープ専門店「ヨーキーズ クレープリー/シュクレフ」など、夜カフェとして利用できるのもうれしい。

共有の飲食スペースには、ゆったりとしたソファー席から、カウンター席、スタンディング席までなんと1000席も設けられ、おひとり様から大人数のグループまで幅広く対応。サクッとランチ、がっつり晩ごはん、会社帰りの一杯、飲み会後の別腹スイーツ・・・とあらゆるシーンに合わせて利用できそうだ。営業時間は朝10時から夜23時まで。

《店舗一覧》鳥焼き・蕎麦・おでん 一重、天丼・天串・串カツ いしのや、ニューヨーク デリ スタイル、大阪梅田 花火寿司、ラグー、リエント楽韓堂、イタリアンダイニング ペスカ、アンドコーヒーメゾンカイザー、バーンサイドストリートカフェ、果香×ツル商店、お米料理 リゾット☆スター、宮武讃岐うどん、大阪・堂島とろ家、正式担担麺美食庁 四川辣麺、名古屋名物 みそかつ 矢場とん、麺や マルショウ、1ポンドのステーキハンバーグタケル、ヨーキーズクレープリー/シュクレフ


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス