文字サイズ

大阪・日本橋で快獣ブースカ展、コラボカフェも

1枚拡大

1966年11月~1967年9月に放送された『快獣ブースカ』の放送終了50年を記念した企画展『おかえり!快獣ブースカ展』が、1月12日から大阪・日本橋のホビーショップ「ジャングル」(大阪市浪速区)で開催される。

昨年9月に東京・中野ブロードウェイ「墓場の画廊」で開催されたこの企画展。会場では、『快獣ブースカ』関連資料、貴重なおもちゃやグッズなどが多数展示され、テレビ放送されていた当時の貴重な資料を大公開。ほか、ブルマァク社製のスタンダードサイズソフビ人形「ブースカ」に、約20組のアーティストが各々彩色を施し、この世に1点しかないブースカソフビ人形を制作し、販売するという。

また、大阪・日本橋のメイドカフェ「メルカフェ」にて同期間、「快獣ブースカ」をイメージしたコラボカフェが期間限定でオープン。ブースカ語をモチーフにしたメニューなど、ファンはもちろん、今回初めて知った人も楽しめる内容に。期間は1月28日まで。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス