文字サイズ

小出恵介降板映画、代役に大谷亮平が出演

1枚拡大

「Yahoo!知恵袋」投稿からはじまった伝説のコミックエッセイを実写化した映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』。出演を予定していた小出恵介の降板により、代役キャストとして大谷亮平の参加が決定した。

今年5月に映画化決定、そして2018年の春公開を発表していた、榮倉奈々×安田顕W主演のハートフル・ラブコメディ。小出の降板により再撮影および公開時期を一時調整していたが、代役キャストをむかえて2018年初夏に全国公開することに。韓国でキャリアをスタートさせ、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(2016)で一躍注目を集める存在となった大谷亮平が、安田顕演じるじゅんの後輩・佐野役を演じる。佐野役以外は同キャスト、同スタッフで今年冬に必要部分を再撮影するという。

同映画の宮前泰志プロデューサーは「監督をはじめ、作品に関わったスタッフ・出演者のみなさんとも本作を観客に届けたいという想いは一致しており、また『劇場で観たい』『公開をやめないで欲しい』という声がSNS上で見受けられたり、配給会社にも多数届いたことにも勇気づけられ、多くの方々の協力を得て、この度再撮影と再編集を実現させることができました」と、ファンへの感謝を述べた。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス