文字サイズ

大阪人、客席から竹野内豊にまさかのダメ出し!

イヤミスの女王・沼田まほかるの人気小説を白石和彌監督が映画化した『彼女がその名を知らない鳥たち』。その初日舞台挨拶が28日、大阪市内の映画館でおこなわれ、蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊、白石監督が登壇した。

主演の蒼井をはじめ、次々と挨拶していくなか、竹野内のマイクにトラブルが発声。やや聞き取りづらい挨拶となり、客席から「声が小さい!」というツッコミが飛び出す事態に。「竹野内さんにダメ出しするんだ」と隣の阿部が驚くも、「私が声が小さくて、すいません。ホント、大阪の方のこういうところが好きなんですよね。撮影をしてても距離が近い、いい意味で(笑)。ホントにストレートに言ってくださいますし」と、笑顔で返す竹野内に客席はさらに盛り上がった。

トーク中、演じた黒崎というクズ男について聞かれるも、またもマイクの調子が悪い竹野内。「もうマイク要らないですね(笑)」と自らマイクを遠ざけ、地声で「なるべく居ないことを信じたいですね。こういう人が居たら困る」と語る場面も。終始笑顔で対応する竹野内に、観客からは大きな歓声が贈られた。映画は10月28日から公開される。

(Lmaga.jp)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス