文字サイズ

カゴメの無添加100%スムージーバー 梅田に登場

1枚拡大

「カゴメ」が開発した無添加100%のスムージー「GREENS」の関西エリアでの販売が、9月26日よりスタート。それに先駆けて、グラノーラをトッピングしたフローズンドリンクを提供する『「GREENS」スムージーバー』が、9月13日から期間限定で「阪急うめだ本店」(大阪市北区)地下1階にオープンしている。

保存料・着色料・香料は使用せず、野菜と果実だけで作られた無添加100%スムージー「GREENS」。カゴメ独自の「低温あらごし製法」により、生の野菜と果実を独自カットし、熱を最低限に抑えて作られているため、まるで野菜と果物をミキサーにかけたような食感と素材そのもののおいしさが実感できる。

ビタミンや食物繊維などが手軽にとり入れられるとあって、2015年以降販売されている1都9県では、30~50代の女性を中心に好評。関西では、2府4県のコンビニエンスストアやスーパーマーケットで購入可能となる。各221円。

今回登場したスムージーバーでは、商品の先行販売のほか、神戸・東灘にあるグラノーラ専門店「グラノラジャーニー」とコラボレートした、グラノーラを使った無料トッピング付き(4種)の特別メニュー「GREENS フローズンスムージー」(351円)を楽しめる。期間は9月19日まで。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる