文字サイズ

30倍の巨大フチ子、大阪のアート施設「ニフレル」に登場

1枚拡大

身の回りのものに「ひっかけて」遊ぶ人気カプセルトイ「コップのフチ子」の巨大フィギュアが4月27日、海遊館がプロデュースするミュージアム「NIFREL(ニフレル)」(大阪府吹田市)に登場。水槽など館内のいろんなフチに姿を見せる。

今回の企画『FUCHICO on the NIFREL(フチコ オン ザ ニフレル)』は、同施設とカプセルトイメーカー「キタンクラブ」とのコラボで実現。館内で限定発売しているカプセルトイ「NIFREL×PUTITTO MUSEUM SERIES~コップのフチ子ver.~」を、最大30倍に巨大化させた大型フィギュア計7体が登場。キュレーター姿の等身大フチ子以外にも、イリエワニやホワイトターガー、カピバラなどのフチ動物も展示される予定だ。

期間は9月3日まで。営業時間は、10時から20時まで。入場料は、大人(高校生)1900円、小・中学生1000円、3歳以上600円。

? タナカカツキ/KITAN CLUB


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる