文字サイズ

ドラゴン・タトゥーの女、続編製作を発表

1枚拡大

スウェーデン人作家のスティーグ・ラーソンによる世界的ベストセラーをデヴィッド・フィンチャー監督で映画化した2011年の『ドラゴン・タトゥーの女』。その続編の製作決定がロンドン・ブックフェアで発表された。

今回映画化されるのは、『ドラゴン・タトゥーの女』で始まる猟奇ミステリー「ミレニアム」シリーズの第4弾で、急逝したスティーグ・ラーソンに代わってダビド・ラーゲルクランツが執筆した『蜘蛛の巣を払う女』。デヴィッド・フィンチャーは製作総指揮として残るものの、監督は大ヒットスリラー『ドント・ブリーズ』で一躍ヒットメイカーの仲間入りを果たしたフェデ・アルバレスとなることも合わせて発表された。

コロンビア・ピクチャーズのサンフォード・パニッチ社長は、「フェデを本作の監督に起用できたのは完璧な選択だったと思います。彼の並外れた心理的緊迫感を演出する才能と手腕は、リスベットというヒロインが前作以上の強烈な印象を残す作品に仕上げてくれるはずです」とコメント。そして、アルバレス監督も「この作品を監督できる機会を光栄に思うとともに大変興奮しています。私たちはすでに素晴らしい脚本を完成させています。そしてこれから『リスベットを見出す』という段階に・・・」と語り、「ヒロインは誰に?」というファンの期待を煽った。続編は、2017年9月にクランクインし、2018年10月5日に全米公開される予定。日本での公開時期は未定。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる