文字サイズ

六甲ケーブル85周年、山上で特別展

1枚拡大

「100万ドルの夜景」と評される六甲山からの神戸市街の眺め。そんな絶景スポットへのアクセスとして利用される「六甲ケーブル」(神戸市灘区)が今年開業85周年を迎え、3月から記念イベントがおこなわれる。

ロープウェイと異なり、車両につながれたケーブルを巻上機で牽引することで1.7km、高低差493.3mを約10分で結ぶ同路線。昭和13年の阪神大水害で土橋駅(現在の六甲ケーブル下駅)が倒壊した被害を乗り越えて、いまも山上と山下を結び続けている。

歴代車両や駅の写真パネルをはじめ、六甲ケーブルの歴史を年表で振り返る本イベントは、「六甲山上駅」で3月1日から4月9日まで開催。また、開業記念日に当たる3月10日にはセレモニーと鏡割りが行われ、地元・灘の酒「福寿」が来場者に振る舞われる。外国人観光客の利用者も年々増加し、魅力が再注目されてきているケーブルカーの歴史を知る良い機会となりそうだ。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

デイリースポーツ
ネットショッピング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス