文字サイズ

西宮ガーデンズ、フードコートを全面改装

1枚拡大

西日本最大級のショッピングセンター「阪急西宮ガーデンズ」(兵庫県西宮市)が、4月下旬をメドに1階のフードコートを全面改装。「Gardens Kitchen(ガーデンズ キッチン)」として、リニューアルオープンする。

阪急神戸線・西宮北口駅直結し、西宮や芦屋を商圏とした「阪急西宮ガーデンズ」(2008年開業)は、郊外型としては珍しい高級志向のショッピングセンター(2017年1月現在の出店数は254店舗)。「住みたい街ランキング」(リクルート社)でも4年連続1位を獲得するなど、関西では高い人気を誇るエリアとなっている。

今回のリニューアルでは、施設テーマである「阪神間の豊かな自然環境との調和」をもとに、「In the forest」をデザインコンセプトに空間を一新。キッズスペースやカウンター席が新たに設けられるほか、関西初出店(フードコートでは全国初)となるタピオカミルクティー発祥の店「春水堂(チュンスイタン)」や、大阪・心斎橋に本店を構える人気のパンケーキ店「ELK NEW YORK BRUNCH(エルク ニューヨーク ブランチ)」など、さらに充実したラインアップとなる。

また、リニューアル工事期間中の土・日・祝日は、「阪急西宮ガーデンズ」に出店している飲食店舗がテイクアウトメニュー専用のブースを館内各所に出店し、気軽に楽しめるフードメニューを提供する。リニューアルオープンは4月下旬予定。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる