著者:デイリー暮らしのエージェント編集部 2024年2月14日更新

カテゴリー おすすめ転職エージェント

転職エージェントを複数登録し併用するメリット・デメリットと注意点を解説!

デイリー暮らしのエージェント編集部 [PR]

アップロード日2024/01/07

転職エージェントは、担当者によって転職活動の進め方が異なります。

「性格の相性が合わない」「サポート力が低い」そのような担当者にあたるのはよくあることです。

しかし、その都度担当者を変更したり、他の転職エージェントに乗り換えたりすると、転職活動が止まってしまい、時間を無駄にしてしまいます。

問題が生じてもすぐにリカバリーできるように、転職エージェントは複数登録がおすすめです。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    今回は、複数の転職エージェントを併用するメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

この記事の結論|複数の転職エージェントに登録しよう

最初にこの記事の結論から言うと、転職エージェントは複数登録するのがおすすめです。

転職エージェント1社だけでも転職サポートが受けられ、多くの求人を紹介してくれます。

しかし、複数登録すれば、何かしらのトラブルが生じた際に素早くリカバリーできる他、各社特有のサービスを利用できたり、より多くの求人の中から応募する求人を選ぶことができます。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    転職エージェントは、それぞれ得意分野が異なるため、目的に応じた使い分けにも最適です。

参考転職エージェントを掛け持ちするメリット・デメリット!何社が良い?

転職エージェントを複数登録すれば転職の幅が広がる

転職エージェントには、「総合型」と「特化型」の2種類があります。

「総合型」 業種・職種を問わずに求人を保有している。
求職者の市場価値を問わずにサポートを提供しているところが多い。
「特化型」 特定の業界や条件(年齢など)を専門的に扱う。
業界特化型の場合、担当者も該当する業界の専門知識を有している。

総合型の転職エージェントは、希望する仕事に加えてスキルや経験が活かせる求人も紹介してくれます。

一方、特化型の転職エージェントは経験者向けの優良求人・独占求人を多く保有しており、キャリアアップや年収アップに最適です。

転職エージェントは保有している求人が異なるため、同じ企業の求人でも募集している条件が異なることもあります。

タイプの異なる転職エージェントに複数登録することで、転職の可能性を広げられるでしょう。

合わせて読みたい「おすすめ転職エージェント完全版」

おすすめの転職エージェント18選|目的別に紹介【徹底比較】

今回30代におすすめの転職エージェントを紹介しましたが、こちらの記事では、おすすめの転職エージェントの中から利用者の多い人気の18社を、目的ごとに分けてご紹介しています。

転職エージェントを複数利用する5つのメリット

転職エージェントを複数利用するメリットはたくさんあります。

中でも、複数利用をおすすめする理由は、以下の5つです。

転職エージェントを複数利用するメリット

  • ①非公開求人・独占求人を多く得られる
  • ②相性の良い担当者が見つかる可能性がアップする
  • ③目的に合わせて使い分けられる
  • ④複数の担当者からアドバイスをもらえる
  • ⑤比較できる求人数が増える

上記①〜⑤は、転職活動を有利に進める上で重要なポイントです。

それぞれを詳しく解説します。

参考転職エージェントは併用してもよい?メリット・デメリットを解説

メリット①非公開求人・独占求人を多く得られる

転職エージェントは、WEB上で閲覧できる公開求人とは別に、「非公開求人」と「独占求人」も保有しています。

「非公開求人」 転職エージェントからの紹介によって閲覧・応募できる求人です。
求める人材を効率良く選考にかけたいと考える企業が、エージェントに非公開で人材紹介を依頼しています。
「独占求人」 他の転職エージェント・転職サイトにはない求人のこと。

非公開求人と独占求人に共通しているのは、応募者が限定されるという点です。

これはライバルの数が少ないことを意味します。

転職活動を有利に進めるなら、非公開求人・独占求人を多く得ることが重要です。

また、前述したように、保有求人は転職エージェントで異なります。

非公開求人と独占求人をより多く得るには、転職エージェントの複数利用がおすすめです。

たくさんの求人を比較検討し、マッチングしている企業を厳選することで、希望に近い転職を実現できる可能性が飛躍的にアップします。

転職エージェントを複数利用しない注意点

転職エージェントを複数利用しない注意点

転職エージェントを1社しか利用しないのは、自ら選択肢を絞ることに等しいです。

メリット②相性の良い担当者が見つかる可能性がアップする

転職エージェントは、担当者によって転職活動の進め方や結果が左右されます。

転職サポートの専門である担当者ですが、経験やサポート力には個人差があるのが難点です。

性格も人それぞれなので、相性が合わないこともあります。

サポート力が低い担当者の特徴

・希望条件を無視した求人を紹介する
・マッチングを考えずにたくさんの求人に応募させようとする
・レスポンスが遅い
・希望する業界の知識が不足している
・転職を急がす
・書類添削や面接対策ができない

転職エージェントに登録しても、上記のような人物が担当者になってしまうと不満を募らせ、転職活動に対するモチベーションの維持が難しくなります。

また、担当の転職エージェントとの性格の相性を考えることも大切です。

話しにくい担当者だと、転職活動の相談ができなかったり、希望と違う求人を紹介された場合に、改善の旨を伝えるのを遠慮してしまう可能性があります。

サポート力が低い担当者や相性の悪い担当者だと、ミスマッチの企業に転職してしまうリスクがあるため、注意が必要です。

複数の転職エージェントに登録しておけば、サポート力が高い担当者や相性の良い担当者と出会える可能性がアップします。

転職活動の歩みを止めずに転職エージェントを乗り換えることも可能です。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    3〜5社の転職エージェントに登録し、最終的に2〜3社に絞ると良いでしょう。

メリット③目的に合わせて使い分けられる

転職エージェントには、総合型と特化型があることを紹介しました。

希望する仕事が決まっている人は、特化型だけに登録すれば良いと思われるかもしれませんが、総合型にはさまざまな求人があります。

転職エージェントを複数利用するポイント

転職エージェントを複数利用するポイント

「特化型をメインに使い、総合型でスキルを活かせるその他の仕事を紹介してもらう」「総合型で一般職の転職をサポートをしてもらいつつ、特化型で専門職へのキャリアチェンジを狙う」など、目的に応じた使い分けが可能です。

求人選びだけでなく、書類添削や面接対策の使い分けもできます。

例えば、市場価値が高く、転職活動をある程度一人で進められることが前提となるハイクラス特化の転職エージェントが重視するサポートは「企業情報の共有」と「条件交渉」です。

転職エージェントに複数登録しておけば、不足する選考対策を補完できます。

このように、目的やシチュエーションに合わせて適切なサポートを受けられるのは、複数の転職エージェントに登録する大きなメリットです。

メリット④複数の担当者からアドバイスをもらえる

担当者は転職サポートのプロです。

職務経歴や保有スキル、経験から市場価値を分析した上で、希望する業界の転職市場との擦り合わせを行い、希望条件に近い求人をピックアップしてくれます。

転職希望者をどう評価するかは担当者によって様々です。

アドバイスの仕方や方法、転職活動の戦略も変わってきます。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    複数の担当者からアドバイスをもらえば、客観的に自分を見ることができるはずです。

    求人の取捨選択にも活かせます。

メリット⑤比較できる求人数が増える

複数の転職エージェントを利用すれば、得られる求人数が多くなります。

キャリアにとって新しい発見や選択肢が生まれることも珍しいことではありません。

登録した転職エージェントの分だけ担当者も増えます。

担当者はそれぞれ、自社が保有する求人の中からマッチしたものをピックアップしてくれるので、取り逃すことなく求人を得られ、比較した上での求人応募が可能です。

ただし、比較する求人数が増えることはデメリットにもなり得ます。

比較する求人数が増えるデメリット

・目移りしてしまう
・情報過多になりやすい
・転職活動の効率が悪くなることがある

紹介される求人数が増えると、応募企業を選んだり、情報を調べたりといったことに時間が掛かってしまい、転職活動の効率が悪くなる恐れがあります。

デメリットを無くすには、希望条件を明確にし、優先順位を付けることが大切です。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    いくつかの希望条件に対して優先順位を付けることで、「譲れない条件」と「妥協できる条件」に分けることができ、応募する求人を選びやすくなります。

参考転職エージェントの複数利用でおすすめの組み合わせを紹介!併用のメリット・デメリットとは

転職エージェントを利用する3つのデメリット

転職エージェントの複数利用は多くのメリットがありますが、それと同時に以下のデメリットもあるので注意が必要です。

複数の転職エージェントを併用するデメリット

  • ①連絡の頻度が増える
  • ②情報の取捨選択に迫られる
  • ③スケジュールと応募企業の管理が面倒

転職エージェントに複数登録する際は、デメリットを理解した上で併用することが大切です。

デメリット①連絡の頻度が増える

転職エージェントでは、担当者と面談や連絡をすることが必要です。

登録すればする分、面談と連絡の手間が生じます。

例えば、担当者との面談や連絡の日程調整だけでも大変です。選考が進めば、さらにやり取りが増えます。

作業が増えるだけでも意外とストレスが溜まるものです。

仕事をしながら転職活動を進める方は、さらに忙しさが増します。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    十分に時間を取って、転職活動に集中する意識を持つと良いでしょう。

デメリット②情報の取捨選択に迫られる

「A社の担当者に異業種に転職できると言われたけど、B社の担当者には無理だと言われた」など、複数の担当者からのアドバイスには矛盾を含むことがあります。

また、紹介される求人数が増えれば、それだけ応募の判断も必要です。

このような場合、自分で情報を取捨選択することになります。

転職エージェントごとに保有する求人が異なるのと同様、担当者によって転職市場の見方や転職希望者への評価が変わるのが難しいところです。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    見方や考え方で表現がポジティブにもネガティブにもなるかもしれません。

    情報をしっかりと把握し、判断することが大切です。

デメリット③スケジュールと応募企業の管理が面倒

転職エージェントに複数登録すると、応募する求人も増えます。

選考が進めば面接 / 面談のスケジュール調整も必要となり、ケアレスミスに繋がるかもしれません。

そのため、しっかりとスケジュール管理をすることが求められます。

複数の転職エージェントに登録するとスケジュール管理が大変になりますが、最も注意しなければならないのが「同一求人・企業への応募」です。

複数の転職エージェントを利用する注意点|同一求人・企業への応募はNG

複数の転職エージェントを利用する注意点|同一求人・企業への応募はNG

異なる転職支援サービスから同一の求人・企業に応募することはタブーとされています。
発覚すると、サポートの打ち切りや選考不可・内定取り消しといったことに繋がるので、応募管理を徹底することが重要です。

参考転職エージェントを複数使い分けるには?メリットや注意点を解説

転職エージェントの複数登録が不要な人の特徴

複数の転職エージェントへの登録が必要ない人もいます。

以下の3つに該当する人は、転職エージェント1社でも十分です。

転職エージェントの複数登録が不要な人

  • 時間に余裕がない人
  • 選考に進んでいる人
  • 一人で転職活動を進められる人

それぞれをご紹介します。

時間に余裕がない人

転職エージェントでは、面談や求人のチェック、担当者との連絡などに時間を要します。

複数の転職エージェントを併用するとスケジュール管理が大変です。

仕事をしながら転職活動をしている人など、複数の転職エージェントを利用するための時間を確保するのが難しい人は、複数利用が返って転職活動のペースを遅くなる恐れがあります。

時間的な余裕が無い方は、転職エージェントを1社に絞った方が効果的です。

ただし、前述した通り、転職エージェントは担当者によって転職活動が左右されます。

転職エージェントを1社に絞る場合も、相性の良い担当者と出会うために、登録自体は複数の転職エージェントにするのがおすすめです。

転職エージェントを選ぶポイントを以下にまとめました。

  • 担当者との性格の相性
  • レスポンスの早さ
  • 紹介される求人の質
  • 口コミや評判

上記を判断材料として、利用する転職エージェントを決めると良いでしょう。

合わせて読みたい「転職エージェントの選び方」に関する記事

転職エージェントの選び方を徹底解説!効果的な活用方法もご紹介します!

転職エージェントの選び方や、質の高いキャリアアドバイザーの見分け方の解説と併せて、効率的な活用方法をご紹介しています。

選考に進んでいる人

すでに選考に進んでいる人は、新規で転職エージェントに登録するのは控えた方が良いでしょう。

一旦応募した求人の結果を待つ、もしくは選考対策を重視することをおすすめします。

転職エージェントは、求職者を転職させて転職先企業から報酬を得るビジネスモデルです。

サービスを通じて転職成功させなければ、転職エージェントはビジネスが成り立たないため、すでに選考が進んでいる場合、新規の転職エージェントからの選考対策は断られてしまう可能性が高いです。

リスクマネジメントの一環として、新規で転職エージェントに登録する場合も同様です。

選考が進んでいる場合の注意点

選考が進んでいる場合の注意点

選考中の企業がある求職者に対しては、サポートが無駄になってしまう可能性があるため、優先順位を低くする傾向があります。

一人で転職活動を進められる人

転職活動を自分で進められる人は、転職エージェントを複数登録する必要はないです。

転職サイトなどで求人を探しつつ、書類添削や面接対策、セミナーなど、転職エージェントのサービスのみを有効活用するだけで十分だと考えられます。

転職サイトと転職エージェントの両方を運営している企業もあります。

会員登録時に複数のサービスに同時登録ができ、効率良く転職活動を進められます。

合わせて読みたい「転職エージェントと転職サイトの違い」に関する記事

転職サイトと転職エージェントの違いを解説!どっちがおすすめ?

転職サイトと転職エージェント、どちらも求人を見つけるためのサービスという点では同じですが、提供されるサポート内容は大きく異なります。そこで転職サイトと転職エージェントの違いを徹底解説しています。

転職エージェントに複数登録していることを担当者に伝えよう

複数の転職エージェントに登録していることは、各担当者に伝えるのがおすすめです。

気が引けてしまいますが、実は転職エージェントの複数利用は一般的に行われており、転職エージェント自体が推奨しています。

複数利用を伝えるべき理由は以下の2つです。

転職エージェントの複数利用を伝えるべき理由

  • 応募企業を管理してくれる
  • サポートの優先順位が上がる可能性がある

どういったメリットがあるのかを解説します。

応募企業を管理してくれる

異なるサービスから同一の求人・企業に応募するのはNGです。

しかし、応募件数が数十社に上る可能性も考えられることから、どのサービスからどの企業の求人に応募したのかを管理するだけでも時間を要します。

求人に応募する度に確認作業も必要です。

複数の転職エージェントに登録したことを各担当者に伝えることで、応募した企業を管理してもらうことができます。

どの転職エージェントに登録し、どういった企業に応募したのかを共有すれば、担当者が同一求人への応募を回避してくれるので安心です。

応募企業を管理する手間が省けます。

サポートの優先順位が上がる可能性がある

転職エージェントは企業から報酬を得ているため、求職者は無料で利用できます。

つまり、求職者に対して熱心にサポートを提供しても、他のサービスを使って転職されてしまえば、費やした時間のすべてが無駄になってしまいます。

担当者に複数の転職エージェントを利用していることを伝えれば、自社で転職をしてもらえるようにサポートの優先順位アップが期待できます。

ただし、既に選考が進んでいる段階で、担当者に複数利用を伝えるのは避けた方が無難です。

内定を獲得すれば転職活動は終了します。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    サポートに費やした時間が無駄になる可能性がある以上、結果が分かるまでは優先的にサポートを提供することはありません。

参考複数の転職エージェントを上手に併用する方法│断り方や文例も解説

転職エージェントの担当者を変更する

登録した転職エージェントの求人の質やサービスは気に入っていても、「担当者との相性が合わない」「担当者のサポート力に不満が募る」ことがあります。

そういった場合は、担当者を変更するのがおすすめです。

担当者の変更は、電話やメールなどで依頼できます。

担当者の変更申請では、理由を求められるのが一般的です。

「ミスマッチの求人を紹介される」「他のキャリアアドバイザーからのアドバイスも得たい」などの正当な理由を添えて申請することで対応してもらえます。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    転職活動にも影響するので、相性が悪い・サポート力が低いと感じたら、早急に担当者を変更するのが懸命です。

参考転職エージェントを複数利用する3つのメリットと掛け持ち時の注意点【使いすぎ厳禁】

転職エージェントの登録~内定獲得までの流れ

ここでは、これから転職エージェントに登録する方に向けて、登録から内定獲得までの流れを解説していきます。

転職エージェントの利用手順

  • (1)公式サイトから登録する
  • (2)面談の日時予約をして担当者と面談をする
  • (3)求人の応募と書類添削・面接対策
  • (4)内定の獲得

(1)公式サイトから登録する

転職エージェントの公式サイトから登録をします。

いくつかの情報を入力して送信するだけです。

氏名や連絡先、直近の年収といった簡単な情報を登録するだけのところと、レジュメ(職務経歴書)の入力も求められるところがあります。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    転職活動に職務経歴書は必須なので、予め簡単に作成しておくと登録がスムーズです。

(2)面談の日時予約をして担当者と面談をする

転職エージェントに登録すると面談予約の案内が届きます。

スケジュールを確認して、日時を予約したらサービスの開始です。

最初に行われる面談では、求職者の市場価値の分析をメインに行います。

面談内容をもとに求人のピックアップが行われるので、聞かれたことに対して素直に答えるという意識が大切です。

担当者によっては、面談時にいくつかの求人を紹介してくれます。

面談は最もリラックスできる方法を選ぶ

面談方法は対面が一般的でしたが、コロナ渦の影響でオンラインや電話での面談を実施する転職エージェントが増えました。面談方法を聞き、その中から最もリラックスして話せる方法を選ぶと良いでしょう。

(3)求人の応募と書類添削・面接対策

求人の紹介は随時行われます。もちろん、すべての求人に応募する必要はありません。

応募する求人が決まったら、応募書類の作成に入ります。

書類の添削を依頼できるので、書類の作り方が分からない方も大丈夫です。

応募企業に合わせた書類にブラッシュアップしてくれます。

書類が完成したら、担当者に預けて応募完了です。

面接に向けて、模擬面接やビジネスマナーの確認といった面接対策を実施してもらいます。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    面接対策は、面接への不安や緊張を緩和するのに最適です。

(4)内定の獲得

無事に内定を獲得したら、転職先への入社準備に入ります。

担当者が企業との間に入ってくれるので安心です。

まずは労働条件を確認し、交渉の余地があれば条件交渉を依頼します。

交渉成立後、内定承諾書にサインしたら転職活動の終了です。

入社日の調整も担当者が行ってくれます。

内定獲得後〜入社までの間に、企業に対して質問や要望があるときも担当者に相談可能です。

前職の退職に関するアドバイスを求めることもできます。

参考転職エージェントは複数利用がおすすめ!利用方法や注意点

まとめ|転職エージェントは複数利用がおすすめ

転職エージェントの複数利用には、「求人を多く得られる」「複数の担当者からアドバイスをもらえる」「相性の良い担当者と出会える」といったメリットがあります。

スケジュール・応募管理などの手間はあるものの、それを補って余りあるものです。

複数の転職エージェントに登録することで、転職活動の幅が広がります。

希望に近い転職を実現する上で有効です。

しかし、情報過多に陥るリスクもあるため、情報を取捨選択できるように、判断基準を持つことが大切です。

また、同一求人への重複応募は避けなければならないなどの注意点もあります。

複数の転職エージェントを利用するメリット・デメリットを把握し、上手く活用することで転職の成功率は飛躍的にアップするはずです。

「転職エージェントの口コミ・評判」関連記事「転職エージェントの口コミ・評判」関連記事

page top