著者:デイリー暮らしのエージェント編集部 2024年2月14日更新

カテゴリー おすすめ転職エージェント

転職の面接対策|よく聞かれる質問・回答を徹底解説!

デイリー暮らしのエージェント編集部 [PR]

アップロード日2024/01/07

転職を早期に成功させるためには、徹底した「面接対策」が必要です。

面接官からの質問に対して的確に回答できるよう、よく聞かれる質問と質問内容に対する回答例を調べることが最も重要な面接対策だと言えます。

そこで本記事では、転職活動において知っておくべき面接対策のポイントをまとめました。

この記事で分かること

  • 20代と30代が転職の面接でよく聞かれる質問と回答
  • 面接で面接官に良い印象を持ってもらうためのポイント
  • 逆質問をするときのポイント
  • 転職における面接の流れ

転職面接で面接官からよく聞かれる10個の質問

面接で聞かれる質問は、企業や面接官によって異なります。

しかし、高確率で聞かれる質問もあるので、そういった質問に対してはスムーズに回答できるように準備しておくことが面接対策では有効です。

以下に、面接でよく聞かれる10個の質問をピックアップしました。

ポイント面接でよく聞かれる質問

  • 職務経歴
  • 転職理由
  • 志望理由
  • 長所と短所
  • 前職の仕事内容とポジション
  • 転職先の業務に活かせるスキル
  • 前職での成果や実績
  • 前職での同僚からの評価
  • 希望年収
  • 転職先入社後のキャリアプラン

企業が中途採用をする理由は、「人員の強化」です。

即戦力となる人材や退職者の補充、若手人材の確保などが「人員の強化」にあたります。

企業は数十~数百万という多額の費用をかけて中途採用を実施しています。

採用した後、短期間で退職されてしまうことは企業にとって大きなダメージです。

転職の面接では転職理由と志望理由が大切

転職の面接では転職理由と志望理由が大切

面接官は「採用後に長く働いてもらえるか」「業務で戦力となれるのか」を面接で見極める必要があることから、転職における面接では、「転職理由」と「志望理由」の回答が重視される傾向にあります。

参考面接対策まとめ|よくある質問の回答例、準備~面接後のやりとり・流れ

「転職理由」への回答はポジティブ変換する

どういった理由で転職をするのかは、定着率を知るための判断材料となります。

企業は採用者一人につき、数十万~100万円以上の費用を掛けているため、採用した後に短期間で退職されることは避けたいのが企業の本音です。

多くの求職者は、「年収が低い」「休日出勤が多い」など、企業への不平・不満が転職理由となっており、面接官ももちろんそれを承知しています。

不平・不満があるのを知った上で面接で転職理由を聞くのは、”応募者が不平・不満を解消するための前向きな転職なのか”を知るためです。

前職の不平・不満を転職理由にしただけでは、「嫌なことがあると辞めてしまう可能性がある」と思われてしまう恐れがあります。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    ネガティブな転職理由だったとしても、ポジティブに変換することが必要です。

    以下に、面接対策で使えるポジティブ変換の例をいくつか紹介します。

【面接対策に使える転職理由のポジティブ変換例】

転職理由 変換例
年収が低い ・成果や実績を正当に評価してくれる会社で働きたい
・仕事の成果を実感できることがモチベーションの向上や今後のキャリアのためになる
ノルマが厳しい ・顧客一人一人に時間を掛けて営業がしたい
・顧客と信頼関係を築ける仕事がしたい
人間関係が悪い ・個人よりもチームで仕事をする方が向いている
・仕事でギスギスすることなく、みんなで一緒に同じ目標に向かって働きたい
通勤時間が長い ・通勤に掛かる時間を仕事や家族のために有意義に使いたい
・地元に密着した企業で腰を据えて働きたい

参考面接対策ガイド~25個の質問とお手本/失敗回答・面接のマナーなど総まとめ~

「志望理由」は企業と応募者のマッチ度を知るための質問

志望理由は、「入社したらどんな仕事をしたいか」や「なぜ応募したのか」といった質問のことで、自社と応募者がマッチしているかどうかを知るために聞かれます。

非常に良く聞かれる質問なので、面接対策は必須です。

面接で志望理由を聞かれた際に、熱意や当たり障りのない回答を述べるだけではマイナス評価となってしまいます。

面接を突破するためには、なぜ応募したのかを具体的に述べることが大切です。

志望理由に関する質問への面接対策には、企業の情報を収集する必要があります。

企業のホームページやレポート、口コミサイトなどに目を通し、志望理由を明確かつ適切にまとめ、面接で述べられるようにしておくのが懸命です。

「志望理由」面接対策のポイント

・企業情報を収集する
・企業が求めるニーズにマッチした実績や経験をアピールできるようにする
・自分がマッチしていると思う根拠を示せるようにする
・応募した理由を明確に述べられるように考えをまとめる

口コミサイトは、「openwork」や「en Lighthouse」など、現役の社員が投稿する口コミサイトを閲覧するのがベターです。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    応募企業で働いている様子をイメージするのに十分な情報が揃っています。

参考面接で聞かれる質問52本ノック|すべての質問に回答例・解説つき

転職面接で面接官に好印象を与える4つのポイント

ここでは、面接で聞かれる質問に対して回答する際に、意識したいポイントを紹介します。

どのような質問を聞かれるか分からない面接は、緊張や不安を感じやすいです。

それが表情や言動に出ると、マイナス評価になってしまうこともあり得ます。

面接の際に意識したいポイントは、以下の通りです。

面接で意識したいポイント

・しっかりとした口調でゆっくりと話す
・明るい表情を保つ
・丁寧な言葉遣いを心掛ける
・会話のキャッチボールを止めないように意識する

面接対策の一環として、面接官に好印象を与えられるポイントを把握しておくことで、質問への回答がぎこちなくなってしまってもマイナス評価を防げる可能性が高くなります。

しっかりとした口調でゆっくりと話す

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    面接で質問をされたときは、しっかりとした口調でゆっくりと述べるのが基本です。

小さい声や早口で回答すると、面接官が話している内容を理解しづらくなります。

また、「やる気がない」「落ち着きがない」といったイメージを与えてしまい、マイナス評価となってしまう恐れもあります。

明るい表情を保つ

面接では緊張や不安を感じやすく、それが表情に出てしまいがちです。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    険しい表情や無表情は威圧的な印象を与えてしまいます。

明るい表情を意識すれば、コミュニケーション能力の高さもアピールできます。

面接対策をしっかりと行い、気持ちに余裕を持つことが明るい表情に繋がります。

丁寧な言葉遣いを心掛ける

丁寧な言葉遣いで話すことは、ビジネスマナーのひとつです。

面接でも同様、面接官に敬意をもって丁寧な言葉遣いで話すことが求められます。

馴れ馴れしい話し方や語尾を伸ばす話し方はNGです。

また面接中は敬語で話します。

転職の面接における言葉遣いには要注意

転職の面接における言葉遣いには要注意

間違った敬語はビジネスマナーができていないと思われてしまうので、面接対策として敬語の使い方をしっかりと確認しておくのは大切な作業です。

参考転職面接のありがちNG、本当にやるべき対策はコレ!

会話のキャッチボールを止めないように意識する

会話のキャッチボールを止めないように意識することは、面接官に自身のコミュニケーション力の高さを示すことにも繋がります。

ただし、キャッチボールを止めないことだけに意識がいかないよう注意が必要です。

しっかりと面接官が話すことや質問内容を聞き、それに沿った回答を述べられなければ、会話のキャッチボールができていないと判断されてしまいます。

面接で自己紹介をする際のポイントと質問の回答例

面接の最初に自己紹介をします。

面接対策として、自己紹介のシーンで面接官からよく聞かれる質問とその回答例を知ることは面接で有利になります。

自己紹介をする際のポイント

自己紹介は簡潔に述べるように意識します。

アピールするために長々と話してしまうのは逆効果となるので、仕事に関することを1分~2分を目安にまとめ、述べられるように練習しておくと良いでしょう。

自己紹介のシーンで聞かれる質問と回答例

面接官「自己紹介をお願いします。」

面接官「これまでの職務経歴をお聞かせください。」

面接官「前職を退職した理由を教えてください」

参考面接で必ず聞かれる5つの質問~回答例文と対策~

20代の転職面接でよく聞かれる質問と回答例

20代は社会人経験が乏しく、アピールできることが少ないと悩みがちです。

スキル・実績・経験が少ないのは企業も承知しているため、面接では「仕事へのやる気」に関する質問がされる傾向があります。

また、ビジネススキルも見られているのも知っておくべきポイントです。

ビジネススキルと仕事へのやる気を面接官に示し、ポテンシャルの高さをアピールできるように意識を持ち、面接対策することをおすすめします。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    ここでは、20代の応募者に対して聞かれる質問と回答例をまとめました。

【質問】新卒時の就職活動で重視したことはなんですか?

新卒時の就職活動では、学生時代に飲食店でアルバイトをしていた経験から、食に関連した事業を展開する企業で働きたいと考え取り組みました。

前職で得た食の知識や業務経験を活かし、より深く食に関われる御社でキャリアアップを目指したいと思い、求人に応募しました。

【質問】仕事をする上で心掛けていることはありますか?

コミュニケーションを大切にしています。

チームで目標に向かって仕事を進める中、コミュニケーションをしっかりと取ることによって、さまざまな意見が出やすくなり、みんなが納得いく形でより良い結果を生むと考えているからです。

御社でも、周囲とコミュニケーションを取りながら仕事をしたいと考えています。

30代の転職面接でよく聞かれる質問と回答例

企業が30代の応募者に求めるのは「即戦力かどうか」です。

20代と比べて、30代のビジネスパーソンはスキルや実績を積んでいます。

責任のある仕事を任されることもあり、また、部下に指示を出す機会もあるため、マネジメント経験の有無に関する質問がされやすいです。

責任のある立場で仕事をした経験やキャリアプランについて、具体的に述べられるように準備する必要があります。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    ここでは、30代の応募者が聞かれやすい質問と回答例をまとめました。

参考中途採用・転職面接の質問と回答例まとめ!流れやマナーもあわせて解説

【質問】マネジメント経験はありますか?

マネジメントの経験はありませんが、OJTとして後輩の育成を担当していました。

今後は御社でマネジメントの経験を積み、キャリアアップをしていきたいと考えています。

【質問】部下やチームの同僚との接し方で心掛けていることはありますか?

相手の立場になって考え、行動することです。

例えば、未経験者には基礎から教え、疑問点や分からないことがあるとき、遠慮せずに質問や相談をできる環境を作るのと同時に、スキルアップを図るための課題を与えました。

異業種・未経験職種へのキャリアチェンジ転職の面接でよく聞かれる質問と回答例

未経験の業種・職種へのキャリアチェンジ転職は、それまで培った経験や実績、スキルをアピールしにくいため、面接対策が非常に難しいと言えます。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    面接対策として、よくある質問を把握しておくと共に、経験の少なさをどのようにカバーするのかについて考えておくことが重要です。

【質問】これまでの仕事でどのような実績がありますか?

前職では営業職を5年間経験しました。

月間で個人成績1位を獲得することができました。

顧客のニーズを把握し、提案を重ねたことが成果に繋がったと考えています。

【質問】未経験の職種を志望した理由はなんですか?

私がエンジニアを志望したのは、御社のサービスを利用したことがきっかけです。

御社のサービスを取り入れたことで、前職での業務が大幅に効率化しました。

ひとつのサービスで大きな変化を与えられることに感銘を受け、私も御社でサービスを開発したいと思うようになりました。

未経験ですが、教則本や教室に通い、日々インプットとアウトプットをしています。

【質問】あなたの課題を教えてください。

現在、教則本を読んだり教室に通ったりし学習をしていますが、未経験の職種であるため、知識やスキルが足りていないことを実感しています。

入社後は、業務を通してより実践的な知識やスキルを身に付け、いち早く業務の戦力になれるように努力したいと思います。

面接での逆質問はアピールのチャンス

逆質問は企業に自身をアピールする絶好の機会です。

よく聞かれる質問と同様、面接対策の一環として質問を考えておくと良いかと思います。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    ただし、以下の逆質問はNGです。

逆質問でNGな質問内容

・ホームページやパンフレットなどに記載されている質問
・面接で面接官が話した質問
・待遇に関する質問・面接官が答えにくい質問
・抽象的な質問

面接官が話したことを再度聞いたり、すぐに分かることを聞いたりするのは悪い印象を与えてしまう可能性があります。

また、待遇面に関しては、一歩踏み込んで聞きたい気持ちも理解できますが、内定を獲得した後に確認・交渉ができるので、面接の場で逆質問するのは避けるのが懸命です。

逆質問の回答例

  • 入社までにどのようなことを勉強しておくのが良いでしょうか?

  • 入社後、リーダーポジションを目指して業務に励みたいと考えていますが、御社の評価、昇進制度はどのような基準になっていますか?

  • 業務をするにあたって、覚悟しておいた方が良いことはありますか?

自分がアピールしたいことを踏まえた内容を質問するのも良いでしょう。

参考転職面接が成功する自己紹介の回答例・質問別に詳しく紹介

転職面接の志望理由に対して回答するときのポイント

競合他社や前職と同規模の企業へ転職をする場合

競合他社や前職と同規模・同業界の企業へ転職する場合、なぜ転職をするのかを明確にし、面接官を納得させることが必要です。

転職理由がネガティブなものの場合は、ポジティブ変換することで好印象を持ってもらえることに加え、即戦力のため内定獲得率がアップします。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    すぐに1人で動けることをアピールすることがポイントです。

キャリアアップを目指して転職をする場合

キャリアアップを目指す場合、応募企業の業務をするにあたって周囲よりも優れている点、自分を雇うことのメリットをアピールすることが重要です。

過去の実績をもとに戦力となることを具体的に示すことで、内定獲得率がアップします。

未経験の業種・職種へキャリアチェンジ転職をする場合

未経験の業種・職種への転職は、これまで培ってきた実績やスキルが評価されないというリスクがあるので、「なぜリスクがあるのにキャリアチェンジするのか」という点をしっかりと述べることが重要です。

合わせて読みたい「転職エージェントのメリット・デメリット」に関する記事

転職エージェントのメリット・デメリットを解説!利用がおすすめの人とそうでない人の違いとは?

転職エージェントのメリット・デメリットについて詳しく解説しています。また、転職エージェントを活用する方法についても紹介しています。

転職面接の一般的な流れ

ここからは転職面接の一般的な流れとポイントをご紹介します。

自己紹介

転職面接では、自己紹介が求められます。

志望動機やアピールポイントは後々の質問で聞かれるため、自己紹介は1分~2分を目安に要点をまとめて短く伝えるのが、面接官から好印象を持ってもらうためのポイントです。

転職理由・志望動機

自己紹介を終えると、「転職理由」や「志望動機」に関する質問をされます。

転職理由はポジティブな内容を、志望動機は応募した理由、応募企業と自分がマッチしていると思える理由を明確に伝えます。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    志望動機に関しては、他の応募企業と差別化を図るのが重要です。

曖昧な志望動機を述べると、「他の企業でも同じことを話しているのでは?」と思われてしまったり、プラス評価を得られなかったりします。

実績・長所

企業が中途採用をする理由は、人員の補充です。

未経験者歓迎求人を出している企業もありますが、経験者が優先されます。

即戦力となるスキル・実績をアピールし、戦力となることを示すことが重要です。

この際、応募企業の業務に関係の無い実績や長所を述べても評価に繋がらないので、面接前に何を述べるのが良いのかを整理しておくのが良いかと思います。

入社後のキャリアプラン

転職の面接の最後に聞かれるのが、入社後のキャリアや将来のビジョンに関する質問です。

自分が思い描く5年先、10年先のビジョンを明確に述べます。

この際、企業のビジョンと乖離していると、内定獲得が遠ざかります。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    ホームページなどで応募先企業の理念をチェックし、それに沿って自分の思い描く将来のビジョンをまとめるのが良いでしょう。

参考今さら聞けない面接マナー 入退室、座り方、NGポイントまで流れに沿って解説

よくある質問

(Q1)「他に応募企業はありますか?」という質問には正直に答えるべき?

他の企業にも応募しているのなら、正直に答えるのが大切です。

複数社に応募していることを伝えた上で、今面接を受けている企業が第一志望であることを伝えると好印象を得られます。

(Q2)面接官に好印象を持ってもらう方法はありますか?

面接官に好印象を持ってもらうことで内定獲得率アップが狙えます。

以下の10個のポイントを意識して面接対策をすると効果的です。

<面接官に好印象を与える10のポイント>

  • しっかりとした口調でゆっくりと話す
  • 明るい表情を保つ
  • 丁寧な言葉遣いを心掛ける
  • 会話のキャッチボールを止めないように意識する
  • 自己紹介は要点のみを短く述べる
  • 聞かれた質問の意図を理解し、それに沿った回答をする
  • 曖昧な回答や当たり障りない回答をしない
  • 企業とマッチしていると思える根拠を示す
  • ネガティブな内容はポジティブ変換する
  • 逆質問では、その場で聞かないと知ることができない質問にする

(Q3)面接で自分の気持ちを伝えるためのポイントはありますか?

面接で気持ちを伝えるなら、文章を丸暗記するのではなく、自分の言葉で語れるように考えを整理すると良いかと思います。

また、面接は一方的に話すのではなく、会話をする場であることを忘れないことも大切です。

「面接官の話を最後までしっかりと聞く」「伝えることを分かりやすく簡潔にまとめて述べる」のが、面接で自分の気持ちを面接官にアピールする基本的なポイントとなります。

参考転職面接の対策ガイド~意外なNG行動から差のつく回答まで~

まとめ

今回は面接対策として、面接でよく聞かれる質問と回答例、回答を考えるときのポイントなどを解説しました。

面接のスタイルや面接官がする質問は、企業によってさまざまです。

1社ずつ丁寧に面接対策をし、差別化することが好評価に繋がります。

また、転職回数が少ない方や転職が初めての方は、面接に不安を抱きがちです。

不安や緊張が表情に出ると、険しい顔になったり、無表情になったりしてしまい、面接官にネガティブな印象を与えてしまう恐れがあります。

面接対策をしっかりと行い、家族や知人にお願いしたり、転職エージェントを利用したりし、模擬面接を繰り返し行うことで、面接に対する不安を軽減し、安心して面接に臨めるようになるはずです。

合わせて読みたい「おすすめ転職エージェント完全版」

おすすめの転職エージェント18選|目的別に紹介【徹底比較】

今回30代におすすめの転職エージェントを紹介しましたが、こちらの記事では、おすすめの転職エージェントの中から利用者の多い人気の18社を、目的ごとに分けてご紹介しています。

「転職エージェントの口コミ・評判」関連記事「転職エージェントの口コミ・評判」関連記事

page top