文字サイズ

【PR】素敵な写真撮影のヒントは「手前の瞳へのピントを外さない」こと

 「観測史上最高気温を記録」「今日も危険な暑さ」。日本各所でそんな言葉が飛び交った猛暑も一段落し、これから秋にかけて、旅行や運動会など、レジャー・行楽に最適なシーズンを迎える。

 そんなシーズン、家族や友人とのかけがえのない瞬間を大切な思い出として残すべく、欠かせないアイテムがカメラ。最近では「コンパクトで軽く扱いやすいうえ、上質な写真が手軽に取れる」と、女性のなかでもミラーレス一眼レフ人気が高まっている。

 素敵な写真撮影のヒントは「手前の瞳へのピントを外さない」ことだという。

 人間の顔で最も印象的に残る場所は、「瞳」。ポートレート撮影時は瞳にピントを合わせるのが鉄則で、より手前にある瞳にピントを合わせることで顔の印象が良くなる。しかし、瞳にピントを合わせて撮影することは非常に難しく、それが元気に動き回る子どもであればなおさら。瞬時に瞳にフォーカスし、最適な構図を決めシャッターを切ることは困難な作業となる。

 しかし、そんな作業もソニーのミラーレス一眼カメラα6300なら簡単。α6300は自動で手前の瞳を検出し、顔が斜めの状態でもピントを合わせ、動き回っても“追いかけ続ける”高い精度の「瞳AF」機能を搭載。さらには0.05秒の高速/広範囲オートフォーカス機能で、決定的瞬間を逃さない。まさに手軽に素敵な瞬間を残すことができるのだ。

 機能性の高さに加え、小型軽量、ソリッドでスクエアな高級感のあるデザイン。一緒に持ち歩けば、これまで以上に毎日が楽しくなりそうだ。

【提供】ソニーマーケティング株式会社

関連ニュース

    デイリーペディア

      スコア速報

      リアルタイムランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      ランキング(今日)

      注目トピックス