文字サイズ

ケイバ熱盛ブログ「強運の持ち主にあやかる」(1月7日)

 お久しぶりです。今年もよろしくお願いします。栗東・山本です。一年を占う“東西金杯”はどちらもハズレ。イヤ~な出だしとなりましたが、同じく外した去年はそれなりに大きい配当も当たったので今年の運勢も悪くないはず(強引)。気を取り直して取材スタートです。

 去年、馬券プレゼントで一番の当たり(オークス◎ハギノピリナ)をもたらしてくれた藤懸騎手に早速新年のあいさつ。流れで今週の騎乗馬の話も伺いました。

 注目は土曜中山10Rのクインズメリッサ。これまではとにかく発馬が課題の馬でした。ゲートを出た新馬戦、立ち上がって除外になった2戦目から、出る・出ないを交互に繰り返して、前走は本来“出ない”の番。そんな理由で△に格下げしていましたが、ふたを開けてみると五分のスタートからすんなり先行して押し切り勝ち。能力の高さは以前から聞いていましたが…。ウイークポイントを克服できていれば、そりゃ勝ちますよね。

 鞍上は昇級でもやれる手応えを得ており、枠順が出る前の金曜朝には「あとは枠の兼ね合いですね。(発馬後)内に2頭いて、外に2頭いる形がいい。10番なら!」と話していましたが、約1時間後、引き当てたのは5枠10番。まさに注文通りの枠番ゲットに思わずラインを送ると、「勝ちに一歩近づきました」と驚きつつもうれしげでした。あとは関東圏の雪の影響で輸送トラブルがないことを祈るのみです。

 今週末は3日間開催。なぜか変則開催ではボコボコにされがちなんですが、この強運の持ち主にあやかって、何とか月曜最終まで楽しめますように…。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ケイバ熱盛ブログ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ケイバ熱盛ブログ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス