文字サイズ

ケイバ熱盛ブログ「おもしろくないG1回顧録(27)」(11月22日)

 どうも、面白くない記者の小林です。まずはどうでもいい記者のマイルCS予想結果から。1着◎グランアレグリア、2着○シュネルマイスター、3着△ダノンザキッド。的中です。秋のG1シリーズの連敗は5でストップしました。

 前半3F通過の35秒6は、過去10年で最も遅く、G1とは思えないスローペース。勝ったグランアレグリアは後方12番手を追走と厳しい位置取りでした。しかも、4角では馬群の外を回らざるを得ない状況に。ここから鬼脚を使わない限り、勝てないと思ったが、使いました。自身が記録した上がり3Fは32秒7。レースのラップ後半3Fが33秒3だったことを踏まえると、次元の違う末脚を繰り出したことになります。これがラストランとは思えないレースぶりでした。

 2着シュネルマイスターは直線で外へ出すまでに手間取るシーンが見られました。前があいてからはスパッと切れただけに、もう少し枠が外でスムーズに走れれば、という内容。

 正直、記者が持っていたシュネルの印象は春の段階では微妙でした。ただ、秋に美浦へ帰厩し、馬の姿を見てからはその評価を一変。馬体重こそ春と大きな変化はないものの、馬体は明らかに変わっていました。今回は女王の前に屈しましたが、今後はこの馬がマイル界を引っ張っていく存在になるのは間違いないでしょう。

 グランアレグリアは単純に競走馬として強いと思い、ほれ込んだ馬。今年は大阪杯4着、安田記念2着、天皇賞・秋3着と5戦のうち3戦で敗退し、そのレース後はガチでへこみましたが、最後の最後にこの馬の強さを見せてくれて、本当の良かったと思った今年のマイルCSでした。

 〈おまけ〉久々の馬券的中。ガチガチの1番、2番人気で決まり、+14050円と胸を張れる収支ではないが、プラスはプラス。これで風向きが変わってくれればいいな。

 【マイルCS】(買い目はレース当日のデイリー紙面に掲載)

 〈馬連〉

12-3 6500円

12-4・9 各1000円

12-8・10・13 各500円

購入額 10000円

払戻金 24050円

【G1回顧録トータル収支】

マイナス73520円

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ケイバ熱盛ブログ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ケイバ熱盛ブログ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス