文字サイズ

ケイバ熱盛ブログ「27期生の縁」(8月26日)

 こんにちは、栗東・山本です。オリンピックが終わったと思いきや、パラリンピックが開幕。雨天順延で高校野球がまだ開催中ということもあり、ずっとスポーツ観戦という点では充実しています。スポーツ界は何か特別な期間という感じがしますが、競馬界は通常運転。木曜はいつもと同じくジョッキー取材です。

 毎週のように騎乗馬について教えてもらっている藤懸騎手。今週もいつものように話を聞いていると、ジョウショーベスト(牝2歳、栗東・服部)とフィルムスコア(牝3歳、栗東・平田)の母名を確認した同騎手が大興奮。それもそのはず、これがゆかりとも言える血統なんです。

 フィルムスコアの母ロンドとジョウショーベストの母ジョウショーコトミは11年3月5日の阪神1Rに出走し、2、3着。当時の鞍上が、このレースがデビュー戦だった藤懸騎手、花田大昂元騎手でした。

 運命めいたものや懐かしさに浸りながらも、フィルムスコアは「千二芝は絶対いい」と好感触で、ジョウショーベストは「気がいいし、良く乗り込まれていてしっかりとしていそう。水準くらいにはあって悪くない」と新馬戦から動ける態勢のようです。

 競馬学校27期生の縁を感じていましたが、くしくも今晩(26日)は同期の高嶋活士元騎手がパラリンピックの「馬術 個人 グレード4」に出場します。高嶋さんが引退した今でも連絡を取り合っている…というより同期のLINEグループが活発に動いている様子で、送られてきた高嶋さんの後頭部に“日本”のそり込みが入った写真を見せてくれました(相当気合が入っていそう…)。

 「年を取るごとにさらに仲が良くなっています。みんな頑張れ頑張れと」と、同期の絆は健在の様子です。今年は藤懸騎手がオークス3着に重賞初V、森一騎手が全6場障害重賞V、横山和騎手がキャリアハイペースで白星を積み上げるなど大躍進を見せる27期生。高嶋さんもこれに続けるか-。注目の出番は午後7時58分です。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ケイバ熱盛ブログ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ケイバ熱盛ブログ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス