文字サイズ

ケイバ熱盛ブログ「頭痛が痛い」(3月27日)

 こんにちは、栗東・山本です。文章を書く仕事を始めて(=入社から)来週で4年目。もともと本を読む方でもなく、作文も得意な方ではないので、記事を書くのに苦労しがちで頭痛が痛いです。

 …という文章を読んで、ん?と違和感を感じた人は正しい感性を持ち合わせています。そんな人は「違和感を感じる」にも引っ掛かるでしょう。

 そうです。「頭痛が痛い」、「違和感を感じる」は二重表現(重言)となり、好ましくない文章です。それぞれ「頭が痛い」、「違和感を覚える」が正しいですね。

 競馬に関する言葉で言えば、「馬から落馬する」など。「落馬」という単語に馬が含まれているので、「馬から」という部分はいりません。こういった表現に気をつけながら、我々記者は言葉を選んで毎日キーボードをパチパチしています。

 日曜阪神4Rに出走するモズマゾク。馬名の由来は「冠名+魔族(モズの中国語表記)」です。要するにモズモズ。ある意味、二重表現ですね(笑)。

 そのモズマゾクは追い切りでまたがった国分優作騎手が「いい感じでやる気が出てきています。緩さが残っている段階だけど、前走よりもやる気が出ている。前進に期待したいです」と楽しみにしていました。新馬戦では勝ち馬から4秒9差離された15着でしたが、2戦目では1秒9差の5着。道中の行きっぷりから違いました。その前走よりも「やる気がある」ならば、馬券内があっても驚けませんね。個人的に、日曜の期待馬の一頭です。

 そういえば、“モズマゾク系馬名”では過去にヴェルデグリーンがいましたね。由来は「緑(伊)+冠名」。ヴェルデは13年オールカマー、14年AJCCを制し、宝塚記念にも出走しました。そういう意味でもモズマゾクの将来に期待したいです。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ケイバ熱盛ブログ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ケイバ熱盛ブログ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス