文字サイズ

ケイバ熱盛ブログ「無難」(1月6日)

 年度代表馬があっさりとアーモンドアイに決まりましたね。牡牝3歳3冠馬、グランアレグリアにも票が入りましたが、2020年中央競馬で最も盛り上がったのはジャパンCだったわけで、それを制したアーモンドアイが年度代表馬に選ばれたのは当然でしょう。

 ここで、たらればの話をします。JCにコントレイル、デアリングタクトが出なかったらどうだったか。

 コントレイルが獲っていたかもしれませんね。もちろんアーモンドアイ、デアリングタクト、グランアレグリアにも票が流れたでしょうし、クロノジェネシスも加わって5頭による大激戦になっていたと想像できます。

 さて、JRA賞あるあるなんですが、「何でこの馬に?」という投票をたまに見かけますね。今年で言えば、最優秀短距離馬部門でアーモンドアイに入った1票でしょうか。たぶん、ネットでも炎上したりするんでしょう。

 こういう訳の分からん票があるから、いっそ獲った重賞の数、格を数値化して決めよう、などと言う人もいますが………いやいや、それならAIにでもやらせておけばいい。

 人間が選ぶから意味があるんです。

 JRA賞は本来、投票者の主観、エモーションで決めるもの。「みんな違ってみんないい」のです。ただし、投票するのは一般のファンではなくて「記者」。世間にモノを伝えるプロが選ぶ以上、ちゃんと理由を説明できなければいけません。それができるのであれば、どんな馬をチョイスしようが勝手だと思っています。

 そんな私が選んだのは………最多得票馬ばかり。何だかこれはこれで無難な選択だとヤジられそう…。(長崎)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ケイバ熱盛ブログ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ケイバ熱盛ブログ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス