文字サイズ

ケイバ熱盛ブログ「曇りのち晴れ」(11月25日)

 JCウイークですね。「勝つのはアーモンドアイ?コントレイル?」。競馬にそれほど興味のない高校2年生の息子からも聞かれました。校内でも「すごいレースになるぞ」と話題らしく…。デイリースポーツ読者の友人H君からは「タツヤ記者は穴狙いやからなぁ」とイジられたとか。息子に申し訳ない気持ちでいっぱいの栗東・井上です。

 この1週間はコントレイルの一挙手一投足が注目されました。菊花賞のダメージはないのか-。馬券にもつながる最大のポイントです。1週前追い切りでは初の併走遅れ。「遅れたのは不満。もう一段上げないと」とタメ息をついたのは矢作師。回復途上なのは福永Jの「ここからどこまで上げていけるか」というコメントからも伝わってきました。

 そんな半信半疑な状況で迎えた水曜の調教。追い切り騎乗の福永Jを直撃しました。感触、どうでした?「戻ったわ。信じられん。こんなことある?こんな馬おらんよ。確認したのは身のこなし、トモの動き。それが良くなっている」。曇りがちな表情だった先週とは一転して晴れやかでした。

 “馬は1日で変わる”。トレセンで取材していると良く耳にする言葉です。いい馬であればあるほど、レースが近いことを察知し、自分で体をつくり、体調を上げるらしい。無敗の三冠馬コントレイルに不安は皆無-。そう信じて良さそうです。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ケイバ熱盛ブログ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ケイバ熱盛ブログ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス