文字サイズ

【1月18日の展望】負けるまで買い続ける/羅生門S

【羅生門S】

 デビューから芝で結果が出なかった◎ラプタスだが、ダートに切りかえてから土つかずの3連勝で一気に準オープンまで駆け上がってきた。指数を見る限りここも通過点だろう。

 とにかく近2走のが圧巻の逃げ切り勝ち。着差はそれぞれ鼻、3/4馬身とわずかだが、相手に合わせた余力のある勝ちっぷりで、スピード指数も548、521とすでに現級を勝てるレベル。特に2走前の1勝クラスは前半3Fを33秒9のハイラップで飛ばして1分23秒0の好時計。ヒラソール(現2勝クラス)とは鼻差でも、3着以下には8馬身と決定的な差をつけている。一気にメンバーは強くなるが、能力は文句なくオープン級。ダートの連勝馬は負けるまで買い続ける。

【馬サブローコンテンツ】

・僚紙「馬サブロー」栗東支局長・竹村浩行の予想は→こちらをクリック

・“万券ハンター”こと美浦支局長・佐野裕樹の予想は→こちらをクリック

・スタッフによる予想動画「馬サブローTV」は→こちらをクリック

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      SP指数作者の馬券戦略最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・競輪)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス