文字サイズ

【1月13日の展望】重賞レベルの力を示した/フェアリーS

【フェアリーS】

 前走のつわぶき賞で2勝目を挙げた◎ペコリーノロマーノ。距離は1F長くなるが、競馬センスが問われる舞台設定だけに、この馬のスピードと先行力で優位にレースを運べそうだ。

 重賞挑戦は2走前のファンタジーS以来。当時は7着と結果を出せなかったが、勝ち馬は後のGI馬レシステンシア。スピードで最優秀2歳牝馬に輝いた馬から0秒8差なら悲観するものでもない。スピード指数475からも、重賞レベルの力を示している。前走のつわぶき賞は、”ファンタジーS・7着”という字面の悪さから5番人気の低評価となったが、私としては非常に美味しい馬券となった。まだまだ重賞では人気薄の一頭。ここも高配当をいただく。

【馬サブローコンテンツ】

・僚紙「馬サブロー」栗東支局長・竹村浩行の予想は→こちらをクリック

・“万券ハンター”こと美浦支局長・佐野裕樹の予想は→こちらをクリック

・スタッフによる予想動画「馬サブローTV」は→こちらをクリック

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      SP指数作者の馬券戦略最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・競輪)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス