文字サイズ

【1月11日の展望】まだまだやれる/淀短距離S

【淀短距離S】

 昨年の高松宮記念以来となる◎ティーハーフ。すでに10歳馬となり上がり目には期待薄だが、実績通りならまだまだやれる一頭だ。

 全7勝を芝の1200mで挙げたスプリンター。そのうち4勝を京都で挙げている舞台巧者。16年以降は1勝のみと、さすがに歳には勝てず惨敗することもしばしば。その分激走時には人気薄と実入りが大きく、穴党にはひいきのファンも少なくはないだろう。しかも昨年は、淀短距離S3着(スピード指数=551)、シルクロードS3着(589)、高松宮記念5着(534)と一線での活躍をみせ、まだまだ一発を期待したくなる一頭だ。今回は久々になるが、加齢とともに激走は休み明けの傾向。ここは一獲千金を狙う。

【馬サブローコンテンツ】

・僚紙「馬サブロー」栗東支局長・竹村浩行の予想は→こちらをクリック

・“万券ハンター”こと美浦支局長・佐野裕樹の予想は→こちらをクリック

・スタッフによる予想動画「馬サブローTV」は→こちらをクリック

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    SP指数作者の馬券戦略最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・競輪)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス