文字サイズ

マイネルグリージョ東京5Rデビュー予定 手塚師「楽しみな馬」

 「POG2歳馬特選情報」(24日)

 〈栗東〉ネオユニヴァース産駒のミーティアトレイル(牡、池添学)は24日に入厩。6月18日の阪神5R(芝1600メートル)でデビュー予定だ。「真面目な性格。まだ体は成長しそうですが、現状でもやれる手応えがあるので使ってみます」と師。

 斉藤崇厩舎のステラローザ(牝、父ロードカナロア)は6月10日の阪神5R(芝1400メートル)にスタンバイ。アイアンクロー(牡、父アドマイヤムーン)は6月11日の阪神5R(芝1200メートル)で初陣を迎える。いずれも鞍上は福永。「ともに小柄ですが、気持ちが前向きなのがいいですね」と師。

 タガノプレトリア(牡、父ヨハネスブルグ、宮)は交流G2・兵庫CSを制したタガノディグオの半弟。24日は坂路で4F56秒8-13秒6。「少しモタモタしていたが、やり出すとピリッとするからこれでいい。兄と違ってこちらはスピードタイプ」と師。川島で阪神2週目のデビューを予定している。

 〈美浦〉6月4日の東京5R(芝1600メートル)でデビュー予定のマイネルグリージョ(牡、父ブラックタイド、相沢)。「癖がなさそうなタイプ。モノはいいから、これからしっかり芯が入ってくれば」と柴田大の感触は上々だ。ムスコローソ(牡、父ヘニーヒューズ、手塚)は次開催の東京3週目を視野に入れている。既に鞍上には戸崎圭を確保。「母系からは芝でも走れそう。スピードがあって楽しみな馬」と手塚師の評価は高い。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    POG特選情報最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス