文字サイズ

【ビオラ賞】サブノジュニアが引退 20年NAR年度代表の最後は6着

 ラストランは6着に終わったサブノジュニア(手前)
 ラストランは6着に終わったサブノジュニア(手前)
2枚

 「ビオラ賞」(9日、大井)

 ラストランは6着-。2020年のJBCスプリントを勝ち、NAR年度代表馬に選出されたサブノジュニア(牡7歳=大井・堀千亜)が引退レースに出走し、後方待機から直線は大外から追い込んだものの6着に終わった。

 「この馬に騎乗していた間は、僕の心の支えだった。寂しいけど、ありがとうと声を掛けたい」と手綱を取った矢野貴。管理する堀千亜師は「産駒には持ち前の瞬発力を備えて欲しい」と、種牡馬としての大成を期待していた。

 同馬は大井生え抜きで、通算成績は44戦12勝(うち中央2戦0勝)。今後は北海道浦河町のイーストスタッドで種牡馬生活に入る。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス