文字サイズ

【22日・園田11R 第18回兵庫クイーンカップ】シーアフェアリーが再び園田で輝く

 古馬の牝馬限定による西日本地区交流重賞戦。1700メートルで争われる。愛知所属のシーアフェアリーを主力視。7月当地の同距離で行われた牝馬限定重賞・兵庫サマークイーン賞では強豪の南関東勢を相手にロングスパートを決めて重賞初制覇。その後の地方競馬牝馬交流重賞戦でも好走を続け、しっかりと地力強化がなされており再び園田で輝く。

 ゴールドメファは5月に地元の佐賀で行われた交流重賞・佐賀ヴィーナスカップで3着のシーアフェアリーとは首差の4着。その後ひと息入れて復帰後2戦を2、1着。輸送をこなせれば初タイトルを狙える。地元ではナナカマドカに期待がかかる。B1級を勝利しての挑戦となるが、まだ底を見せておらず、同距離の前走での勝ちっぷりも優秀だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    今週の注目レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス