文字サイズ

【鎌倉記念】シルトプレが直線抜け出す 笹川翼「レース前から自信もありました」

 鎌倉記念を制したシルトプレ(右から2頭目)=撮影・持木克友
 鎌倉記念を制したシルトプレと関係者(撮影・持木克友)
2枚

 「鎌倉記念・S2」(13日、川崎)

 開催3日目の11Rで行われ、4番人気のシルトプレが直線抜け出し、昨年のリーチに続いてホッカイドウ勢が連覇した。断然人気のママママカロニは直線伸び切れず2着、逃げた2番人気のノブレスノアが3着に粘った。なお、1、2着馬は「第72回全日本2歳優駿・Jpn1」(12月15日、川崎)の優先出走権を獲得した。

 ホッカイドウ競馬で4戦3勝。一貫して差す競馬をしてきたシルトプレが、好位追走から直線早めに抜け出して初重賞を勝ち取った。馬主の原久美子氏は、昨年のリーチに続く2年連続制覇となった。

 手綱を取ったのは南関東の若大将・笹川翼。「強い馬に乗せていただいて感謝しています。馬は丁寧に作られていて、レース前から自信もありました」と笑顔で振り返った。

 初騎乗とはいえ、準備はバッチリ。前走で手綱を取ったホッカイドウ競馬の石川倭とはメールで情報交換し「少しズルいところがあると聞いていたので、折り合いを気にして乗った」と明かす。

 1分33秒9の走破時計は、2018年のミューチャリーと0秒3差で、このレース史上2番目。12月の全日本2歳優駿へ、明るい展望が開けた。

 ママママカロニ(2着)「輸送、左回り、1周競馬と初もの尽くしだったが、内容的にはよく辛抱して頑張っていた」(矢野貴)

 ノブレスノア(3着)「状態は前走以上で、自分の競馬はできた。先着の2頭は、現状では完成度が上だった」(森泰斗)

 カイル(5着)「前走から間隔も詰まっていたし、今日は相手も強かった。3コーナーで置かれたけど、直線ではまた伸びていた」(左海誠)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス